-4th style EB Edition-
<   2007年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧
[漫画] 『郷田豪』&『RANGE MAN』最終回によせてあれこれプラスアルファ(1)
「どうもです、みなさん。こんにちわ~」
「チッス、忘れた頃にやってくる恒例の脳内対談のコーナーだぜ!」
「またそういう言わなくても良いことをいちいち……」
「いいじゃねーか本当のことなんだし。それはともかく、今回は流石に細かい自己紹介
    はいらんよな?」
「まぁ、いつもと同じだしね……なくても良いんじゃない? ていうか、大したネタもない
    し面倒臭いし」
「そういう裏事情をズバズバ言うんじゃねーよ!」

「それで今回は何するの? この前のジャンプの感想でなんか思わせぶりなことを書
    いてたから、それかな」
「そうだな。先日見事打ち切りを喰らった『郷田豪』について、どーしても言っておきたい
    ことがあんだよ」
「どうせあんたのことだから、ロクな内容じゃないんでしょうけど……」
「んなこたねーぞ。今回ばかりは割とマジだ。あと、それに加えて『レンジマン』のことに
    もちらっと触れて、ついでに幾つか気になる少年漫画についてもダラダラ喋る予定」
「『郷田豪』については任せるけど、他は私がきっちり目を光らせますからね」
「信用ねーなー」
「信用されるようなことを言ってないからでしょうが!」


「さて。それでは早速『郷田豪』について語らせてもらうが、この漫画で最も注目すべき
    だったポイントは何だと思う?」
「ポイント? うーんと。仲間の描写について、とか?」
「チッチッチッ! No, no, no, no, no! 何もかもが違う!」
(……すっごいムカツく……)
「お前の目は節穴か!? 注目すべき点ったら一つしかねーだろ!

    田中ゆーじろーと氷湊クル!!

    この他に一体何があるってんだヴォケッ!」
「……いつものことだけど、意味がわかりません」
「あの関係性はアツい! バカップルとかそういうのは全く違う意味でのアツさだ! 言
    うなれば熱血の一種だな!」
「うーん、熱血ねえ。そういう感じの描写だったっけ?」
「あーあ、これだから理性は。表層の描写だけに囚われている奴には、本質が見えな
    くてもしょーがねーわな!」
「あんた、今回はいつになく挑発的ね(にっこり)」
「ひい、なんか今背中にえらくゾクッと来た! まぁ、今から説明すっからちょっと待って
    ろや。
     本質とは何か? それはつまり、一言で言うなら『孤独からの救済』だ」
「ああ、なるほど。そういうことね。確かに氷湊クルは『友達はいない、いつも一人』の
    孤独系キャラだったもんね。それが田中ゆーじろーの登場で孤独じゃなくなったと、あ
    んたはそう言いたかったのね」
「やっぱお前はわかってねーな。それは確かにそうなんだが、しかしやっぱり表層だけ
    をなぞった時の表現に過ぎねえ。もう一段下のレベルに潜って考えた時に初めて本
    質が見えてくるはずだ。
     そのために、まず氷湊クルのキャラクター性から考えていくぞ。最初に最も重要な
    点を述べておくと、クルが孤独だったのは彼女自身の性格のせいだ、っつーこと
    だ。最初は確かに場違いな厚着や危険な兄などの外的要因が彼女を孤独にさせた
    のかもしれねえ。しかしそんな環境に置かれているうちに彼女は思い込んでしまった
    んだ、自分は孤独でいるべきなんだと。他人との接触を避け、自分の世界――クル
    の場合は読書だ――に閉じ篭り、友人というものを得ることを諦めた。これが彼女
    を襲った最大の悲劇であり、そして彼女が孤独であった最大の理由だ。いわば彼女
    は自分と外部を隔離する分厚い壁を自らの手で作り上げてしまったわけだ」
「まあねぇ。厚着でも兄が物騒でも、友達を作れる性格の人なら作っちゃうもんだよね」
「だが、ここで転機が訪れる。それがいわずもがなの田中ゆーじろーだ。ゆーじろーは
    (苦しすぎる勘違いからとはいえ)クルに向かって積極的にアタックを始めた。無条件
    かつ無制限の熱意で、クルを囲む外壁を破壊しにかかったんだよ。どうだ、このゆー
    じろーの姿は、『誰かを助けたい』というたった一つのシンプルな理由であらゆる難敵
    や無理難題に挑む、少年漫画の熱血主人公を髣髴とさせるもんがねーか?」
「そう言われてみればね……」
「だろ!? そういう意味では、こういうシチュエーションは少年漫画メソッドを現実世界
    に適用するための最も無理のない形のひとつかもしれん。しかし本当に熱血な点は
    そこではない。そういったゆーじろーの行動に感化され、クル自身も自ら作り上げた
    隔壁を破壊しようと試み始めたところが最もアツいんだ! ゆーじろーとの登下校を
    拒まず、他人に積極的に興味を持ち、やがて接触は他の人間との間にも広まって、
    最終的にはバレーボール使い部としての行動まで起こしている! 他人との上手い
    付き合い方がまだわかってないから、いちいち不器用なやり方ではあったがな! 
    当初の誰も寄せ付けずに本ばかり読んでいた頃からするとまるで別人のようじゃね
    ーか! 過去との決別! 成長! これぞまさに熱・血・少・年・漫・画!!」
「別に少年漫画に限った話ではないと思うけど。でも、無条件の熱意で行動して誰か
    の救いになるあたりは、少年漫画的と言えるかもね」
「というわけでだな、『郷田豪』で最も注目すべきだったのは、『限りない熱意でクルを
    孤独から開放しようと躍起になっていたゆーじろーと、それに応えようと不器
    用ながらも自らを少しずつ変化させ始めたクル』という点であったことは疑いが
    ない! 他は知らん! 終わり!!」
「最後に思いっきりブン投げたー!?」
「ちなみにこれと似たようなケースとしては、『School Rumble』の天満×烏丸や東方
    のパチュ魔理・アリマリあたりも挙げられるな。特に天満×烏丸はアツいぞ。烏丸な
    んぞ一見すると何考えてんのかわからん影の薄い男でしかないが、今回のクルの位
    置に当てはめてみると印象が180度変わること請け合いだ。『不器用ながらも誠実
    に応えようとしている』部分の表現で言うなら明らかにクルを超えている。烏丸メイン
    回でつまらんとか言ってる奴は要反省!」
「いや、何を面白いと思って何をつまらないと思うかなんて、別に人それぞれで良いじ
    ゃないの」
「いや違うね。そういう奴に限って、俺は漫画読みですってツラをしながら、実は美少女
    キャラしか見てなかったりするじゃねーか。そういう奴にとっては、『面白い=美少女
    キャラが可愛い行動をとった、萌えー』でしかねー場合が多々ある!」
「うっ。ちょっと否定できないかも……」
「萌えに走ること自体は別に否定せんが、それにばっかり固執しているうちは漫画読
    みを自称するなと言いたい! 萌えがない=つまらんというのはそいつがそういう読
    み方しかしてねーからだ! 漫画読みならもっと多様な楽しみ方ができるようになれ
    よ! そこをまず自覚しろ!」
「ちょ、ちょっと! あんまりそういう攻撃的な発言をしないでよ。なんか喧嘩売ってるみ
    たいじゃないの」
「俺は本能で感じてることを言ってるだけだ! なんでもかんでも萌え萌え言って片付
    けてる最近の風潮を見てるとイライラすんだよ。さっきも言ったが、特にそういう奴が
    いっぱしの批評論者ヅラしてるのを見ると我慢ならん。そんなに萌え萌えしたいなら
    漫画ばんがいちでも読んでろ、少年漫画に自分から首突っ込んでブツブツ言ってんじ
    ゃねえ! ケーキが食いたいならケーキ屋に行け、牛丼屋に来てまでケーキがない
    とゴネるな!」
「ひ、ひい! ほんとにこのへんで勘弁して! 何がマズいって、人のこと言えないの
    が一番マズいんだって!」
 

「というわけで、えーと、失礼しました。本能がいささか暴走してしまいましたが、理性
    はまだまだ大丈夫ですよ? それでは引き続き『RANGE MAN』の総括に行きたい
    と思います」
「こりゃまたえらく強引な話題転換だな」
「あんたのせいだっつーの! 収拾つかなくなったから無理矢理話を変えるしかなかっ
    たんでしょ! いちいちフォローに走るこっちの身にもなってよ」
「え? それがお前の役割だろ?」
「いっぺんSHI☆NE☆YO」
「『レンジマン』はなー。とりあえず、もう少し鎌児の母に注目する人が増えてもいいと
    思うんだが」
「いきなり明後日の方向に話が飛んだわね!」
「あれだけ立派な妄想暴走属性の女はそうそういねえ。妄想に耽って立ち尽くしている
    うちに余裕で一時間は経過してるんだぞ! しかも何が凄いかって、その「風香と
    仲良く嫁姑関係になる」妄想が現実になりかねないところが他の妄想暴走属性
    とは一味も二味も違うんだ!」
「わざわざ太字で強調するほどのことだったのかな!」
「千代も妄想キャラとしては描かれていたが、いまいちインパクトが弱かったのは否め
    ん。肝心の妄想シーンが前面に押し出されてなかったからな。それに引き換え鎌児
    母のインパクトの凄まじいことよ! 出番自体は数えるほどしかなかったのに、一回
    一回のさりげないラッシュがまさにクレーター級! ヒットアンドアウェイの極致、爆弾
    投下型戦術の恐ろしさを垣間見た気分だぜ!」
「あの、もうちょっと人間にわかる言葉で喋ってね」
「確かに風香と鎌児のアブノーマルな恋も相当の破壊力であったことは事実だ。この
    二人はきっとサンデー史に残るサドマゾカップルとして長く語り継がれることだろう。し
    かしその陰に圧倒的な存在がいたことを我々は忘れてはならん。人類の歩んできた
    道はいつもこうだ、歴史には表の主役と埋もれた陰の主役が存在するのだ!」
「いい加減気は済んだ? それじゃあ私の方からささっとまとめに突入しちゃうよ。
     えーと、今回の『レンジマン』は、恐らくモリ先生が得意とする『パロディ』と『ラブコ
    メ』を合体させようという意図のもとに企画された漫画だったと思うんですが……結果
    としては、合体どころか見事に空中分解しちゃいました。戦隊モノパロディの部分が
    完全に置いてけぼりで、後半はただの中途半端なラブコメ漫画になっちゃってました
    から。こうなった原因は、たぶんパロディをパロディとして描けなかったこと、パロ
    ディの距離を見誤ってしまったことだと思います」
「パロディの距離を見誤る? お前こそもうちょっと日本語を喋れや」
「今説明するからだぁっとれ! 要するにね、『レンジマン』の戦隊モノ要素っていうの
    は、パロディじゃなくて本物でしかなかったのよ。戦隊モノをパロってるんじゃなくて、
    すでにひとつの立派な戦隊モノになっちゃってたわけ。でもモリ先生は『茂志田★諸
    君!!』や『いでじゅう』を見ればわかる通り、戦闘シーンやバトルの動機付け、細かい
    戦闘のギミックというものがからっきし描けないタイプの漫画家だから。パロディの範
    疇に収まっているうちは良いとしても、本当に戦闘シーンが必要なタイプの漫画には
    決定的に向いていないの。だからね、今回の敗因は、「パロディを描こうとしてパロ
    ディじゃないものを描いてしまった」ことじゃなかったのかなーと私は思います」
「まぁ、戦隊モノが描けないなら、ラブコメに走るしかないよな。それで後半はラブコメ一
    辺倒になったと考えれば筋は通るかもしれん」
「なので、次回作はもっと純粋に自分の武器だけで勝負できるようなジャンルの漫画
    を、もっとぶっちゃけると純粋なラブコメ漫画を狙うといいんじゃないかな。パロディ
    系の設定はお飾り程度にあってもいいけど、でも今回みたいに前面に押し出すのは
    やめておくのが無難かな」
「つーかもういっそエロコメ漫画を描かせちまったらどーよ。ジャンプで言うところの『To
     LOVEる』みたいなヤツをよ」
「確かにえろを描く素質はあると思うけどね……そういうの好きそうだし。でも本人はき
    っとそういう直球は嫌がるだろうし、それに卓越した感情描写という長所がスポイルさ
    れちゃいそうなのも怖い。私としては純愛系のラブコメ希望、ということで。『レンジマ
    ン』については以上かな」


(おまけに続く)
[PR]
by hpsuke | 2007-09-02 13:48 | 漫画
[東方] 東方風神録web体験版 Lunatic3面ボス弾幕攻略・河城にとり(後半)
 いよいよこれがweb体験版Luna攻略のラストになります。通常2・大瀑布・通常3・セファリックプレートの攻略です。それ以前の攻略は過去の記事を参照してください。


河城にとり・通常攻撃2
f0128234_203197.jpg
 大量の座薬弾を飛ばしまくる攻撃パート2。今回は開幕の通常1より速度が落ちている代わりに、弾が左右交互に傾いた列をなして襲いかかってきます。従って回避もジグザグに隙間を縫ってゆくことになります。なお、座薬弾の列は一度に37WAY×3方向、それが四つ左右交互に放たれてから自機狙い5WAY中型弾×2、の繰り返しです(奇数回は左傾斜→右傾斜→左傾斜→右傾斜、偶数回は右傾斜→左傾斜→右傾斜→左傾斜)。座薬弾を放つ方向は、こちらも通常1と同じ自機非依存で、37WAYの中央の弾列の一番下の弾が真下に飛んできます。

 この弾幕も、開幕の攻撃同様に霊撃で飛ばして安定&信仰点大量獲得が一番楽ではあります。しかし次の「大瀑布」を前にパワーの減少が不安だという方は、この攻撃は自力で避けることになります。ここで問題になるのは1セットごとにチョンチョンと撃たれる中型弾。座薬弾の列は道なりに沿って進めば良いだけなので(低速の精度が低い魔法使い装備以外は)そこまで難しくありませんが、列によっては中型弾が道を塞いでしまい、通れなくなってしまうところがあります。従って、これをどう回避するかが安定の上での最大の焦点となります。

 幸いにもこの弾幕はにとり自身の移動を除いては自機狙い+半固定弾でパターンに嵌められるので、今回もそれを狙っていくことにします。座薬弾の回避だけを考えるならほぼ横移動の必要がない中央の道が一番楽ではあるのですが、この道はボスのほぼ真下に位置するため、次ににとりがどちらに移動するのかを確実に誘導できません。なので、ここはあえて真下の一番楽な道ではなく、ひとつ横の道を選び、誘導を確実に行うことを優先させます。

f0128234_2015299.jpg

 まず最初は真っ直ぐ下に降ってくる座薬弾を目印にして、その左の道に入ります。そして以降は真っ直ぐ下の座薬弾の右→左→右……と(中央から外側に膨らむように)動けばOKです。にとりが自機を追いかけてくるように左右に誘導されてくるので、このパターンならばどんなに長引いてもほとんどの中型弾を避けきることができます。

 もっとも、攻撃力の強い符の場合、全力で撃ち込んだらほんの2セット少々で終わってしまうので、詰み覚悟で速攻を狙うのもひとつの手です。それにこの攻撃でも通常1と同様に、にとりの機嫌がひどく悪い場合はパターン通りに動いても詰んでしまうケースがまれにあります。結局のところ最善の手は霊撃一発終了であることに変わりはないので、ここに書いた避け方はあくまで「霊撃を撃たないならば」程度に考えてくださいね。



水符「河童の幻想大瀑布」
f0128234_2033883.jpg
 水を操る能力による川関連スペルの最終形態。逆流(ポロロッカ)、鉄砲水(フラッシュフラッド)ときて最後は巨大な滝(大瀑布)になります。さながら滝のように上から漂ってくる水弾が上部の一定のラインに溜まり、そこから左右にうねりつつランダム軌道・ランダム速度・ランダム密度で降り注ぐ落下水弾の幕を回避する弾幕です。

 水弾は若干方向性を伴っていること以外は完全にランダムなので、純粋に気合い避けの能力が問われます。あまり下がりすぎると潰されるので、隙あらば前に出ることを忘れず、上手く隙間を縫って積極的にぐいぐい避けていきましょう。左右へのうねりはその都度抜けきってしまうこと。水の中にいる時間が長ければ長いほど弾幕に晒されて死ぬ確率も跳ね上がるので、息継ぎは怠らないように。まぁ大瀑布と銘打ったところで結局はHardのフラッシュフラッドとほぼ内容の変わらないスペルなので、Hardでフラッシュフラッドをみっちり練習すればその発展形扱いでなんとかなると思います。周囲ばかりに気を取られず、視点を少し前方に伸ばすのがコツです。

 ただ、攻撃力の高い符(前方集中、封印密着、高威力)の場合は回避を二の次にしてとにかくショットを当てまくればあっという間に終わる(およそ1セット弱)ので、むしろ速攻狙いで少々無茶した方が逆に無傷で抜けられる可能性が高いかもしれません。そのへんは各自の腕や好みと要相談ということで。



河城にとり・通常攻撃3
f0128234_2042592.jpg
 大量の座薬弾を飛ばしまくる攻撃パート3。基本的な内容は通常2とほぼ同じですが、今度は傾斜がさらに傾いている(=左右への移動距離が増えている)ことと、常に左傾斜→右傾斜→左傾斜→右傾斜となっていることが前回との違いです。

 対処法もほぼ同じで、やはり一番簡単&稼げるのは霊撃一発終了です。ただし三回の通常攻撃全てで霊撃を撃っているとパワー回復が追いつかないので、好みの通常ひとつは自力で避けると良いかもしれません。個人的には、通常1と3を霊撃で飛ばし、通常2を自力回避するのがオススメかな。それは自分でどれが一番避けやすいかを判断していただければと思います。

 さて、この通常3の自力回避の方法ですが、今回も左右交互にボスのにとりと自機狙い5WAY二連中型弾を誘導し続ける作戦で行きます。ただし今回は横への動き幅が大きくてボスの真下をキープすると中型弾に邪魔される確率が非常に高いので、やや大きめに左右に振るといいでしょう。真下に飛んでくる座薬弾を目印にして機械的に避けられる通常2とは異なり、今回は中型弾の位置を自分の目で目視し、それを判断材料に潜り込む道を決定します。どのセットも左側移動の一段目の終わりから右側移動の二段目の前半にかけてのタイミングで中型弾にかち合うので(そのうちのどこになるかはにとりのy座標移動によります)、中型弾から離れた道に飛び込みます。

f0128234_2044189.jpg

 まず最初の1セットは正面で普通に回避し、次からは↑の図に示した道に飛び込みます。これでちょうど中型弾が降ってくるタイミングの前後あたりで中型弾の隙間の中央付近に自機を寄せられるので、中型弾に当たる確率がぐっと下がります。あとはこれを左右交互に繰り返すことを意識すればOKです。ただし、ボスから見てやや横のx座標に自機を置くため、ジグザグ移動が完全な左右対称ではなくなって回避がやや難しくなります。慣れないうちは、とりわけ魔法使い装備では大変だと思うので、やっぱり霊撃ですっ飛ばしてしまうのが一番でしょう。



河童「スピン・ザ・セファリックプレート」
f0128234_2045783.jpg
 直訳すると「頭の皿を回転させる」。「ハイドロカモフラージュ」の光学迷彩スーツに続くLuna河童兵器第二弾です。下の難易度で同じ位置にあった「お化けキューカンバー」や「のびーるアーム」とは内容が大きく異なり、今回はビームを一切使用してきません。その代わりにきゅうりの輪切り緑色の小粒弾と河童ギロチン全方位56WAY回転緑米粒弾×二重×リング3つを膨らませて攻撃してきます。小粒弾は甘い自機狙いでばらららららと絶え間なくばらまかれ、リングは回転しながらかなりのペースでどんどん迫ってくるので、次々飛んでくるリングを片っ端から抜けつつ、緑小粒弾(以下きゅうり弾)を上手く誘導して切り返すことになります。

 この弾幕を避けるために意識する点は主に三つ。リングと小粒弾を極力同時に相手にしないこと、リングは真っ直ぐできている道を素早く通って回避すること、そしてボスの移動と切り返しの誘導タイミングを合わせることです。前者ふたつは常識だったり見ればわかることなので良いとして、最も重要なのが最後のポイント。きゅうり弾は単位時間あたりの発射量が極端に多いので、たとえ高速移動で動いたとしても、普通に切り返すだけでは十分な隙間ができません。そこで、自身の移動とともに弾源そのものも動かしてしまうことで、切り返すための隙間をこじ開けるわけです。

 以上を踏まえた上で、具体的な実践パターンの一例は以下のようになります。まず開幕はにとりの真下で撃ち込み。この時ほんの少しだけ右寄りに位置取って、最初のにとりの移動を右側に誘導します。

f0128234_22203411.jpg
 真下で撃ち込みを続けつつ、今度はにとりが次の全方位米粒弾を撒いたと確認した瞬間に左へ高速で大きく動きます。すると同じタイミングでにとりもつられて左側へ移動するので、ここで切り返す隙間が発生します。

f0128234_2055020.jpg
 次はそのままの位置ですぐリング抜け→やや右へ動いてきゅうり弾の切り返し→真下でリングを縦に抜けながら撃ち込み、と続けます。この時、リングの回避ときゅうり弾の切り返しは極力同時に行わないこと。にとりの機嫌次第ではほぼ同時に襲いかかってくることもありますが、そうでない限りは必ずひとつずつ処理します。

f0128234_206434.jpg
 するとすぐににとりが再びリングを撒きますが、ここからはこれまでのにとりの上下の位置取りによって対処が変わってきます。にとりが下の方にいてすぐそこにリングが迫ってきている場合は、その場でリングを回避したのち(上の図はその場で回避した直後)、もうしばらくその場で持ち堪えてから右への誘導を行ないます。当然きゅうり弾の密集地帯に待機することになって回避がシビアになるので、この形になった時は諦めて霊撃を撃ち、終わらせてしまうのも一つの手です。

f0128234_2061572.jpg
 逆ににとりが上の方にいてリングの到着まで少し間がある場合は、リングをくぐる前に右へ高速で動いて誘導します。この場合はこの場合で割とギリギリのタイミングになるので注意。

f0128234_2062785.jpg
 誘導が済んだら、目の前に次のリングが迫ってきているので、それを速攻で回避。ここで手間取るときゅうり弾とリングを同時に相手にすることになるので急いで抜けます。それから次にきゅうり弾を切り返し、間髪なく迫ってくる次のリングを抜けてから中央に戻ります。あとは再びにとりの正面に位置取り、粘って撃ち込みです。攻撃力の高い機体ならここで終わらせることができるでしょう。威力のない機体の場合は、もう一度にとりの移動タイミングに合わせて左への誘導を行ないます。以下繰り返しです。

 以上がパターンの一例ですが、これはにとりの移動の仕方によって状況がずいぶん変わってくるので、必ずこのパターンを適用できるとは限りません。しかしどんな場合であっても「リングと小粒弾を極力同時に相手にしない」「リングは真っ直ぐできている道を素早く通って回避する」「ボスの移動と切り返しの誘導タイミングを合わせる」という三つの方針は鉄則なので、あとはそれを適宜当てはめてゆきます。特に誘導タイミングの問題はこの弾幕のキモなので、これだけは常に意識するようにしましょう。



 というわけで、最後は更新まで少し時間がかかりましたが、東方風神録web体験版Lunatic攻略を終わります。少しでも誰かのお役に立ったのならば幸いです。一回東方の攻略サイトをやってみたかったんですよね~(素符や鍛符でアドバイスしたことなら何度もありますが)。しかし体験版以降のことはまだなんにも知らない状態なので、もしこの続きを書くことがあったとしても、それは委託が始まった後のことになります。ご了承を。あー早く本編をプレイしたいなぁ。9月21日が遠すぎる! 地方だとさらに遠すぎる!!


<東方風神録web体験版攻略目次>

Easy
秋穣子スペルカード
鍵山雛スペルカード
河城にとりスペルカード

Lunatic
秋静葉(静葉通常・狂いの落葉)
秋穣子(穣子開幕・秋の空・穣子通常2・穀物神の約束)
鍵山雛・前半(バイオリズム・雛開幕・壊されたお守り)
鍵山雛・後半(雛通常2・大鐘婆・流刑人形)
河城にとり・前半(ハイドロ・にとり開幕・トラウマ)
河城にとり・後半(にとり通常2・大瀑布・にとり通常3・スピン)
[PR]
by hpsuke | 2007-09-01 20:16 | 東方



漫画・東方・同人音楽ブログ
カテゴリ
全体
はじめに
雑記
漫画
東方
同人音楽
ちょっと人気のあった記事
(Easy・Lunatic対象)
(バーコードファイター解説)
(ONE PIECE考察)
(みつどもえ考察)
(絶対可憐チルドレン考察)
(例大祭版対応)
(2009年6月現在)
(超気紛れ更新)


へっぽこ直運営リンク

(漫画感想サイト中心)
(読んだ本の記録)
(最新感想他つぶやき)
(更新凍結中)
(頑張って現役更新中)
(現在約945枚所持)
(ごくまれに増量)
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧