-4th style EB Edition-
<   2007年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧
[同人音楽] 購入物感想・2007年夏の肉欲祭編1
 肉欲祭からすでにかなりの期間が経過しているので、そろそろ入手物の感想を書き始めていこうと思います。まだ春の入手物の感想を全て書き終わっていませんが、それは夏のものと平行して書き進めるつもりです。あっちが終わるまで待っていたら、新規CDの感想が溜まる一方なので……。


 

マジックチャンネル

(大真面目におバカなオリジナルアルバム・iyunaline

 iyunalineの新作オリジナルアルバム。今回のコンセプトは「大真面目におバカなオリジナルアルバム」で、架空の変なチャンネルのTV番組が流れ出したという設定のもと、脈絡のないテーマの曲があれこれと詰め込まれています。全14トラック、うちイントロダクショントラックを除く13トラックがボーカル曲。肉欲祭配布品ととらのあな委託品にのみ特典のメッセージCDがついてきます。

 内容的にはいつものiyunaline節で、あまり盛り上がりすぎず静かすぎずのポップソングが中心です。全体として非常に安定感があり、平均点高めでまとまっているので安心して聴けます。普段のイユナラが好きな人なら今回もきっと気に入るでしょう。ボーカルも多彩に揃えている上、その全員が並以上のレベルに達しているのでそっち目当ての人にもオススメです。

 ですが、ネタCDとしては非常に微妙なライン。確かにネタ元はウケ狙いとも取れるような妙なものが多いのですが、曲にも歌詞にも歌い方にも構成にも遊びが足りないので正直大して面白くありません。「元ネタのチョイスだけが変な、他はごく普通の曲」とでも言いますか。これは意味不明さ(わけのわからなさ)やカオス成分が決定的に薄いのが原因でしょうね。行儀良く取り繕いながら照れ照れで漫才をしているようなものなので、ちょっとくらい変なフレーズが入っていてもほとんど笑いに繋がらない……。兎にも角にもまだまだ優等生すぎるので、もっと恥も外聞も捨てて、全部晒け出す勢いでやらなきゃ笑いなんか取れませんよ! 「大真面目におバカ」っていうのはこういう意味じゃなくて、たとえば絵画コンクール入賞並の超画力でう○この絵を描くような、そういった意味だと思うんですけどねぇ。喩えが本当に汚くてすいません。ていうか全体的にすいません。

 好きなトラックはTr.04「パ・パ・パ・パンダ」、Tr.05「宇宙飛行士になろう」。Tr.04はこの中では一番「わけがわからな」くて好き。Tr.05は仄かに感じる切なさが祈りっぽくて良いなぁ。他のトラックは……中途半端なネタが逆に醒めてしまってイマイチだったかな。Tr.09「ミホ」もそれなりに好きですけど。



 

はにーえんぜる

(森永桐子10周年記念ベストCD&コンプDVD・大江戸宅急便

 ボーカルCDが流行り出すずっと前から活動している古参の同人歌手さん、森永桐子(もりながとうこ)さんの活動ほぼ10周年記念CD。これまでに出した音源を片っ端から入れることをコンセプトに、コンプリート曲集をDVDで、さらにその中から選抜したベストをCDで収録しています。ただし、帯では全90曲と謳っていますが、ベストに収録されている曲はDVDにも収録されていますし、歌ではない音源もDVDには含まれているので実際にはもっと少なめです(CDは全18トラック、DVDは歌唱曲が62曲にボイス音源が10個の全72トラック)。その代わりDVDが異様に凝っていて、アルバムごとの分類やそれぞれの曲製作スタッフ一覧はもちろん、タイミングを合わせて次々表示される歌詞、森永さんのアルバムごとの個別コメント、4ページに渡るこれまでのヒストリーコーナーに本人出演の動画特典×3、ゲストの応援ムービーと「できるだけのことはした」と言わんばかりの完成度に仕上がっています。島村さんお疲れ様でした……。

 さて、内容についてですが……ぶっちゃけて言ってしまうと、歌は決して上手くはありません(笑)。むしろ上手いか下手かで言うなら、私の場合は迷った末に下手に分類するくらいの歌唱力です。最近の玄人はだしの歌唱力を誇る同人歌手の皆さんの歌を聴き慣れている方には少し辛いと思います。特に最初期の歌はアレなので、人によっては途中で投げてしまうかもしれません。

 しかし、しかしだ! 彼女について語るべきポイントはそこじゃないんだ!

 ごめんなさい。無駄に熱くなってしまいましたが、上手い下手とは全く違う次元に魅力がある人だ、とだけは言わせていただきます。茶太さんから歌唱力を差っ引いて、その分だけさらに幼さと可愛らしさを増した感じ……かなぁ(自分で言っててなんか違う気もしますが)。一種のアニメ声ではあるんですが、媚びはあまり感じられないので気になりません。こういうのを「鈴を転がすような声」と言うんでしょうか。声そのものがすでに一種のオーラを纏っているタイプの人なので、そのオーラが曲に上手くマッチすると問答無用の破壊力を発揮します。特に可愛くてちょっと切ないタイプの曲を歌わせたら天下一品。歌の下手さが気になるけど、でもやめられない……という中毒症状に陥ること請け合いです。

 なお、収録曲の方は古めの出典が多いので、最近の流行りのように格好のついた曲は少なく、一昔前の同人音楽で良く見られた軽めのアイドルポップ系ソングが目立ちます。もちろんみらゐさんやbermeiさん達といった有名どころのアレンジも多々あるので、アレンジ面ではそれなりに安定したクオリティとなっています。みらゐさんファンは押さえておいて損はないでしょう。

 好きなトラックについては、ベスト盤ではTr.04「雪の少女」、Tr.09「月のあかり猫のひとみ」、Tr.10「Powder Snow」、Tr.15「えんじぇりんく!!~ねこみみ放送局EDソング~」、コンプリート盤では「鳥の詩-Chugakusei mix-」「季節はずれの卒業式」などがお気に入りです。つーか「鳥の詩」は……一体何をやっているんですかみらゐさん(笑)。こんなもん聞かされたら、初出CDの「EarthLike」をついオクで落とさずにはいられなかったじゃないですか!(バカ)
[PR]
by hpsuke | 2007-09-10 02:39 | 同人音楽
[東方] 妖々夢 夢符霊夢 Luna
プレイヤー名 hp
プレイ時刻 2007/09/08 20:40
キャラ名 博麗霊夢(夢符) 
スコア 815685940
難易度 Lunatic
最終ステージ Clear
ミス回数 10
ボム回数 25
処理落ち率 1.50%

 最近は攻略のために風神録の体験版ばかりプレイしていたので、リハビリのため妖々夢を久々に遊んでみました。「果たしてこれだけブランクが空いた今の自分でもLunaticに太刀打ちできるのか?」がテーマです。当然クリア重視のチキンプレイ上等スタンスで当たりました。

 結果。一回目はあえなくルナサの開幕でゲームオーバーになってしまいました。流石にいきなりは無理だったようです。というわけで二度目、気合いを入れ直して挑んだのが↑に晒したリプレイ。今回は二機残しでクリアできましたが、内容の方はとてもじゃないけど堂々と紹介できるものではありません。1面からラストまでグダグダ極まりないプレイになってしもた……。ボムの撃ち分けも上手くいっていないし、八分咲がそこそこ避けられたことだけが救いです(取得はできてません)。つーか動揺のあまりヒロカワすら落とすってどういうことだ。

 ちなみに今回は攻略記事はお休みします。お休みというより自粛するという方が正確か。人様にあーだこーだ言う前にまず自分の攻略の基盤を固めないとどうしようもないよなー。永夜抄の方はもう少し簡単にクリアできると思いますが。
[PR]
by hpsuke | 2007-09-08 20:53 | 東方
[同人音楽] 先日の収穫物~Dungeon without the Casket
f0128234_22444734.gif

SOUND HOLIC MEETS TOHO ~東方的紅蓮烈火弾~
(東方マルチジャンルアレンジアルバム・SOUND HOLIC


 英語のサブタイトルに意味はありません。

 これは先日の木曜日に「エアーマンが倒せない」を探しに行った時に購入したものです。「エアーマン」自体は速攻で売り切れたのか影も形もありませんでしたが、無駄足は勘弁ということで目についた中から一番購入意欲をそそったものを購入してきました。本当はこのあとに「らしんばん」とやらにも寄ってみようかと思っていたのですが、階段ごとシャッターが降りていて入店はおろか接近することすらままなりませんでした。次回攻略時の課題とします。ぐむう。
[PR]
by hpsuke | 2007-09-08 10:51 | 同人音楽
[雑記] 嗚呼PHPマスターになりたい
 今日はもうくたくたなので、更新は明日まとめて行います。曜日にもよりますが、帰りが午前様に近くなるのがデフォルトですからねぇ。その分出勤時間が遅いので別に文句はないんですが、ブログを更新する余裕があんまりなくて大変です。午前中は眠気覚ましと午後の講義の予習に使っちゃうしなぁ。

 それにしても、通常業務の他に会社のサイトの管理・改良にも携わることになったので、htmlサイト運営時代に身につけたタグ打ちスキルが今頃になって大活躍しているのは予想外の出来事でした。ついでに言うならWEB拍手のお返事で培った返信スキルも講義のメッセージカードの返信作業に貢献しまくりです。人生どこで何が役に立つかわからないもんですね……。
[PR]
by hpsuke | 2007-09-08 01:59 | 雑記
[漫画] 週刊少年サンデー2007年度第40号一行ポッキリ感想
「オレってカッコイー」の一言でショボさを簡単・完璧・瞬間的に表現する西森先生すげえ!
[PR]
by hpsuke | 2007-09-05 11:24 | 漫画
[雑記] 前のサイトは8か月で6000hitくらいでした
f0128234_1141829.jpg


 おかげさまで、本日をもって10,000hitに到達することができました。みなさんありがとうございます。こんな辺境ブログでも一年以内に万踏まれるとは思ってませんでした。まぁこのうち200~300hitは確実に自分で踏んでるんですけど(笑)。

 現在は一日80~110hitの間を行ったり来たりといった具合。hit数が多いのはやはり月・水~木の漫画感想の日です。夏の肉欲祭の前後は連日120hitオーバーと凄い勢いでしたが、そこまでの情報を書けていたかというとちょっと……。ちなみに検索では圧倒的にワスレナゴハン系のキーワードが多く、次に多いのは風神録の攻略検索かな。スキマ産業的な当たり方をしているので、自分のブログのhit数を伸ばしたい人は参考にするといいかも。要するに自分の趣味の範囲内で、誰も書いてないようなことを誰よりも早く書けば、意外とgoogle先生の目に留まったりすることもあったりなかったりしますよ!(微妙に自信がない)
[PR]
by hpsuke | 2007-09-05 09:33 | 雑記
[同人音楽] ワスレナ戦記・記録はここで途切れている
 一応定点観測の結果を貼り付けておきます。

ワスレナゴハン☆未開封 茶太 おまもりんご 落札価格8,500円
ワスレナゴハン/茶太(hirahira.net,CLOCK WORKS) 落札価格4,100円
CLOCK MUSIC&hirahira.net☆ワスレナゴハン 茶太 落札価格5,000円

 これ以上はウォッチする必要も理由も意味もないので、ワスレナ戦争の記録を残すのはこのへんで切り上げることにします。ショートバージョン発表からはや八か月、兎にも角にも、一刻も早い「ワスレナゴハン」収録アルバムの発表を願うばかりです。転売屋の思うがままという状況が長期間持続するのは流石に少し嫌だなぁ。

 しかしアレだ、茶太さんのCDの中でも特にこれだけが倍率の高い理由は、やはりニコニコやなんやでちょっと話題になったからなんでしょうかね。オクを張ってる熱狂的茶太ファンがそれほどたくさんいるとも思えませんし……(とか言いつつぱっと思い浮かぶ人が最低二名ほどいるけど・笑)。このブログへ来た人の検索ワードも実は六割~七割以上がワスレナ検索なので、水面下で何やら恐ろしいワスレナブームが起きていた・起きている可能性は否定できません。だんご大家族の大抜擢といい、茶太ブームの下地は確実に育ちつつある! (無理矢理明るい方向に話を締めた痕跡)
[PR]
by hpsuke | 2007-09-05 00:01 | 同人音楽
[漫画] 週刊少年ジャンプ2007年度第40号一行ポッキリ感想
「SKET DANCE」が地味に好き。なんか雰囲気が良いですよね。「太臓」の系譜というか。
[PR]
by hpsuke | 2007-09-03 10:28 | 漫画
[雑記] Mr.Children HOME TOUR 2007 in 真駒内微レポ
 この前の漫画対談を投稿したあと、今日はMr.Childrenのコンサートに行ってきました。「Mr.Children HOME TOUR 2007」というやつで、場所は真駒内のセキスイハイムスタジアム。実は恥ずかしながらこれが私の初ライブ経験だったので、恥ずかしいけど私の初めてをあげちゃう! と気合いを入れて臨んで参りました。今の発言の方がよっぽど恥ずかしいよ。恥を知れ恥を。いっそ死ね。

 開場が15:00、開演が16:30とのことで、15:30頃に会場に到着したあとはまずグッズを買いにテントの方へ移動。しかし人がずら~っと並んでいるのを見て、同行人の皆さん(私の両親とその知人)はくじけてあえなく別行動に。私一人で列に並びましたが、予想以上にするすると列が進んだので結局五分程度で買えちゃいました。購入物はオフィシャルパンフレット(彩り編)、ハンカチタオル(緑)、エコバッグ(白)、それとアルバム「深海」。「深海」はもちろん持っていますが、聞きこみすぎてそろそろガタが来ていたのでせっかくだからと新規で購入です。このアルバムは私がミスチルにハマるきっかけとなった思い出のCDなので、今回の初ライブという節目にも丁度良いかな~と。

 すんなりブツが買えたので、とっとと座席に移動してあとは時間まで開演待ちです。開演は少し遅れましたが、最初の「彩り」が聞こえた瞬間にそんなことはどうでも良くなりました。あとは最後まで立ったり座ったり手を振ったり叩いたり歌ったり叫んだりと盛り上がりまくり。いやあ、普段自他共に認めるテンション安定野郎で通している(誇張表現)私のことなのでどうなることかと不安でしたが、とりあえず普通に空気は読めた模様です。

 選曲は「HOME」を中心に組んだというより、どちらかというとベストヒット系の組み合わせでした。「これまでずっと横にいた音楽そのものが僕らのHOME」というニュアンスの発言のあとに「CROSS ROAD」(ミスチル初のミリオンセラーシングル)が来た時は思わずニヤリとしてしまいました。あと、噂に聞いた「62円トーク」の前フリに続く「my life」ではつい違うベクトルで感動。かの62円トーク→「my life」のコンボにこの私が遭遇している! みたいな。

 中でも良かったのが「CENTER OF UNIVERSE」から「Any」へと続く一連の流れ。中盤のハイテンションナンバー連発ポイントですが、「フェイク」のラストで「全てはフェイク! 全てはフェイク!」と絶叫した直後に「全ては真実!」と翻して「Any」で「僕にとって真実」ですよ。KWAAAA! そもそも最初の「CENTER~」から大好物なのでこのへんはほんとにもうテンション上がりまくりでした。最新アルバムの予習しかしてこなかった同行人の皆さんはついていけてなかったようですが(笑)。

 あと、今回聴いていて思ったのは、こういうライブでは恋愛ソングより応援ソング系が映えるなーということ。「終わりなき旅」のような一生懸命生きることを歌った歌を一生懸命に歌われると、破壊力の上がり方が尋常じゃありませんね。ちょっとウルっと来てしまいました……。

 ちなみにトークでは、豊田スタジアムで演った時のどっかのサイトの感想に「豊田市で名古屋バンザイは違うだろ、常識がない」とかなんとか書かれていたのを見て反省し、「真駒内は札幌かどうかわからんから(注・札幌です)、楽屋で「ススキノバンザイ」にしようと話し合った、とか言ってました。思わず「サッポロー!」と吼えましたが(笑)。ライブって素敵だ。

 「しるし」で一旦終了したあとは、やや間があってアンコール開始。「肌寒いけどみなさんも目覚めるようなナンバーを」というわけで「Wake me up!」「イノセントワールド」をラッシュで歌ったのち、最後に未発表曲の「旅立ちの唄」を歌って終了。「口笛」系のスローバラードで、期待を裏切らない良い曲でした。これは歌詞でかなり感動させてくれそうな予感がするので、シングル発売が待ち遠しいですね。

 コンサート終了は予定通りの19:30。規制退場で会場を出たあと、母と友人の買い物を待って帰宅しました。地下鉄真駒内駅まで結構歩きましたが、駅の人の多さとバスがないことに挫折したのでタクシーで車の置いてある最寄の駅まで戻ったので、結果的にはかなり楽な帰路でした。コンサートの余熱で誰かとディープな会話をしたかったものの、同行人の皆さんが揃ってライトなファンなのでそれも叶わずずっと悶々としていたのが一番辛かったな(笑)。以上、こんな感じの初ライブでした。いやあ楽しかった。たまにはこういうのも良いね。


 最後に、セットリストは以下の通り。順番は多少前後している可能性がありますが、他のサイトさんでもこうなっていたのでたぶんこれで良いと思います。他人任せです。ごめんなさい。

01.彩り
02.名もなき詩
03.星になれたら
04.シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~
(軽くトーク)
05.CROSS ROAD
06.Tomorrow never knows
(軽くトーク)
07.my life
08.ひびき
09.もっと
10.HERO
11.Imagine(ジョン・レノンのカバー、ワンコーラス)
12.CENTER OF UNIVERSE
13.Dance Dance Dance
14.フェイク
15.Any
(軽くトーク)
16.口笛(観客と一緒に合唱)
17.Sign(合唱のお礼として)
18.ポケット カスタネット
19.Worlds end
20.終わりなき旅
21.しるし
(一旦終了、以下アンコール)
22.Wake me up!
23.innocent world(半分合唱)
24.旅立ちの唄
[PR]
by hpsuke | 2007-09-03 00:42 | 雑記
[漫画] 『郷田豪』&『RANGE MAN』最終回によせてあれこれプラスアルファ(2)
前半はこちらです

「さて、あとは適当にだらだら喋るだけなんだけど。最近の少年漫画について言いたい
    ことはある?」
「じゃあまずは100回記念の『絶チル』についてかな。長期に渡る苦難の道を歩んでの
    100回達成、おめでとうございます」
「掲載位置が相変わらず低いのが気になるけどね。これを巻末大人向け枠と捉える
    か、それとも単純に人気がぱっとしないせいと捉えるか」
「どっちつかずの作風だからどっちとも言えんよな。大人読者のことは確実に意識して
    るけど、でも子供向けに売り上げを伸ばすことも諦めてない。子供向けを考えるならも
    うちょっと媚びてもいいと思うんだがな」
「連載前からずっと危惧していた少年漫画らしくなさが未だに尾を引いてる感じかな。
    あと、どうにも物語が俯瞰すぎるのが個人的に不満ね。全体を通して見るとしっかり
    芯が通っているのはわかるけど、個別のエピソードで完結できるレベルでストーリー
    を考えていないから、な~んか盛り上がらない」
「常に次への布石が前面に出てる感じだからなー。あー面白かった! 満足した! も
    うお腹一杯だ! と胸を張れる読後感の話が少ないのは俺も感じる」
「そのへんの短期的視点の欠如が子供向けの人気低迷を招いているのかもね。それ
    に今週の白眉といえば『マリンハンター』の容赦ない過去回想かな」
「俺としちゃアレくらいなら全然問題ない。大アリだ。読者に向けて派手に動機付けす
    るつもりなら、むしろあれだけどん底まで落とした方がいいと思うぜ。読んだ人間も一
    緒に鬱にするくらいじゃねーと」
「でもねぇ。読後感最悪でしょアレは。ちょっと救いがなさすぎるわよ」
「その分だけあとで取り返せばオールオッケーだ。だから問題は今回の回想そのもの
    ではなくて、それを今後いかに上手く処理してゆくかにかかってるはずだ。これくらい
    の悲劇は軽く飲み込んでしまうような懐の作品ならいいんだが……」
「でも乳首券の漫画だしねえ」
「乳首券なんぞどうでもいい。あんなもん、色気で初見読者を食いつかせるためのエサ
    でしかねーんだ。キモはそうやって食いつかせた獲物をいかにして釣り上げるかだ。
    そこが釣り人の腕の見せ所だろ。とりあえず今回の一件で達成できるかどうかは
    わからんが、その覚悟はあるということはしかと伝わったから俺としては十分満足
    してる」
「あと他のトピックといえば……『結界師』の閃の巨乳化、とか?」
「興味ない。どっちでもいい。以上」
「無理してそういう話題を振ったあたしがバカみたいじゃない……」
「じゃあジャンプの話に移るか。『ONE PIECE』の最近のバトル高速処理化はどうよ」
「将軍ゾンビ軍団をたった数ページで全滅させた時にまさかとは思ったけど、あれはち
    ょっと本気で参ったわね。バトルが圧縮されたことで面白さの密度が増しているのも
    重要だけど、本当に大事なことは尾田先生がまだ進化しようとしていることね。従
    来のやり方でも十分過ぎるほど売れるのは保証されてるのに、さらに最適化すること
    を目指してる。この熱意には頭が下がります」
「人気漫画家ならではの余裕の現れっつー気もするけどな。でも向上心のある人は俺
    も好きだぜ」
「他は……『エムゼロ』の特訓シーンがなんか素敵ね。論理的なだけじゃなくて非常に
    わかりやすくて好感が持てるわ。『ハンター』の特訓はちょっと難しい理論使ってたか
    ら、そういう意味ではこっちの方が上かな。特訓中も読者を飽きさせないように配慮し
    てるし」
「でも円錐でビッグフットを防御した時のアレはなんか違和感を覚えなかったか?」
「円錐の下の部分が膨らむのはちょっとおかしいよね。でもビッグフットが実体のない
    煙の足だと考えれば、勢いで対流が発生してあんな形になったと考えられなくもない
    し……苦しいけど」
「『ハンター』といえば、10月から連載再開するらしいじゃねーか。ついに戻ってきたっ
    て感じだな」
「もちろん私としては大歓迎だけどね。人のこと言えないし。でもあんまり盛り上がりす
    ぎるのもどうかと思うのよね……。たぶん作画は前のクオリティに近いと思うし」
「やっぱお前もそう思うよな! 『ハンター』が載ってないジャンプはジャンプじゃねえだ
    と、そんなにジャンプが面白くないなら読まなきゃいいじゃねーか! 金出して買って
    んのはお前の判断だろ! その責任まで作者側に追及してんじゃねー!」
「いやそこまでは言ってない」
「あと責任云々で言えばマガジンの『ネギま』のまき絵その他! 連中が混乱してギャ
    ーギャー騒いでるシーンを見た時、なんか無性にイラッときたんだがこの感情はなん
    なんだ!?」
「いつものクソガキ嫌い病じゃないの?」
「それともちょっと違うような……なんだろうな、規範が規範として全く機能していない
    のがイラッときたのかも。あと個人的に、ああいう『ちょっとした悪戯心で起こした行動
    がとんでもない惨事(ネギのオコジョ化)を招いて取り返しのつかない事態に陥り、お
    もっくそ責任を追及されて「まさかこんなことになるなんて思ってなかったんだって
    ば!」と言い訳するも「思ってても思ってなくてもしたことには変わらんだろ、その責任
    は取れ!」と正論で返されて言葉を失くす』シチュエーションにはゾクゾクくるもんがあ
    るのでぜひ実現してほしい」
「す る か こ の 変 態 が !」


「あー久々に漫画について語ったな。楽しかったー」
「今回はちょっと自由奔放に喋りすぎだってば。もうちょっと自制してよ自制」
「本能に自制しろとはこれいかに。それを止めるのが理性の役割だろーが」
「そんな考え方のやつがよく人様を追及できたもんだ!」
[PR]
by hpsuke | 2007-09-02 13:49 | 漫画



漫画・東方・同人音楽ブログ
カテゴリ
全体
はじめに
雑記
漫画
東方
同人音楽
ちょっと人気のあった記事
(Easy・Lunatic対象)
(バーコードファイター解説)
(ONE PIECE考察)
(みつどもえ考察)
(絶対可憐チルドレン考察)
(例大祭版対応)
(2009年6月現在)
(超気紛れ更新)


へっぽこ直運営リンク

(漫画感想サイト中心)
(読んだ本の記録)
(最新感想他つぶやき)
(更新凍結中)
(頑張って現役更新中)
(現在約945枚所持)
(ごくまれに増量)
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧