-4th style EB Edition-
<   2007年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧
[同人音楽] 本日の収穫物
 悪い意味で話題沸騰中の「東方三月精」単行本を買うついでに、その他注目物を一気に購入。メロンへの突撃はこれが今季五回目になります。


f0128234_22444734.gif
幺樂団の歴史2 Akyu's Untouched Score vol.2 東方怪綺談
(東方本家・上海アリス幻樂団


f0128234_22444734.gif
幺樂団の歴史3 Akyu's Untouched Score vol.3 東方封魔録
(東方本家・上海アリス幻樂団



東方月燈籠

(東方アレンジフルボーカル・イオシス


f0128234_23332864.jpg
Former Frontier

(東方旧作フルボーカル・SEVENTH-HEAVEN MAXION



WHITE AVALON

(Fateアレンジ・WAVE


いいィィィよっしゃァアアアーーーーー!!
これでノルマはほぼ達成!
あとは「Re-udemonia」ひとつのみ!
あんな恐ろしい地獄ともこれで当分オサラバだぜイーーッハッハッハァァーー!


 ……あー、失礼しました。度重なる地獄巡りでいい加減精神が参りかけているので、つい興奮してしまいました。中途半端なオタクはこれだから始末に困りますね。我ながらややこしい立場というかいろんな意味で一番損な立場というか。

 とりあえず東方本家の幺樂団シリーズは確定ということでさっくり購入。これを手に入れなきゃ始まりません。……とはいえ、実は私は幺樂団シリーズはあんまりピンと来るものがなかったりするのですが。そういう音源にロマンを感じる世代より少し遅れてますからねぇ。

 「東方月燈籠」と「Former Frontier」はどちらも東方シリーズ板のボーカルスレで評判の良かったもので、再販待ちでめでたく入手。特に月燈籠はビートまりおさんが参加してるとなると買わない理由がないです。前作の「東方乙女囃子」も割と良かったのでちょっと期待(でも「ラーメンCD」などで地雷踏んでるからサークルのトータル評価で言うなら微妙)。

 もうひとつの「WHITE AVALON」は茶太さん参加CD……なのですが、参加ったって一曲だけ、しかもゲストヴォーカルとハンドクラップのみの参加だからなぁ(笑)。ついでに言うなら「Fate」はやったことがないのですが、まぁWAVEさんなので元ネタ知らなくてもそれなりに聴ける一品に仕上がっているだろうと思います。
[PR]
by hpsuke | 2007-01-30 00:07 | 同人音楽
[雑記] 実はこういうの得意な方です
それはツンデレじゃない 嫌... - ニクイせりふを - はてなセリフ

 最近はてなセリフにアテレコネタを少し投稿しています。Heppoko名義のネタを見て面白かったら☆をちょっとポチッとやってくれると嬉しいです(はてな民限定)。

 ちなみに↑のは今のところ一番沢山のお気に入り登録をいただいたネタ。完全な捨て投稿のつもりだったんですが(笑)、一時期は期間ナンバーワンの評価をも受けてしまっていました。自分で言うのもなんだけど、これってそんなに面白いかなぁ……。
[PR]
by hpsuke | 2007-01-27 22:57 | 雑記
[雑記] 鵜だって見境なく呑み込むわけじゃない
 「物事を鵜呑みにするのは良くない」と良く言われますが、私はその言葉は正確ではないと思っています。

 「なんでもかんでも」物事を鵜呑みにして信じてしまうことは確かに良くありません。

 しかし、自分が信じている相手、信じられると判断した相手の言うことなら鵜呑みにするくらいの度胸がある方が格好良いと思うのです。それが要するに信頼するということなんですから。真の問題は情報自体の信憑性ではなく、それを発信した相手が本当に信頼できるのか否か、という点にあります。情報の内容が信じられるかどうかではなく、それを言った相手が信じられるかどうかが重要なのです。

 もちろんまるっきりの善人で悪意のない人物なら信じても良いという意味ではなく、その人物の情報収集力、判断力、分析力、洞察力その他諸々を考慮して、それで大丈夫だと判断したなら信じることも必要ですよ、という話です。つまり結局は「人を見る目」があるか否かというただその一点に帰結する問題なのではないでしょうか。

 なぜなら、もし情報の真偽だけを信用度判断に使うのであれば、自分自身がその問題に深く通じ、判断に足る大量の情報を有していなければ正しい判断は下せません。ヒトの一生が有限で蓄えられる知識量に限りがある以上、こういった判断を続けていくことには無理があります。また、そうやって自分自身で判断のために集めた情報が果たして本当かどうかもわからないのです。ネット上でどのサイトも同じことを言っていたとしても、その全部が同じソースに踊らされている可能性だってあるわけです。なので、情報の内容にのみ注目して判断を下してしまうと論理的に破綻をきたしてしまいます。

 そこでその罠を回避するために唯一有効な手段が、「情報そのもの」ではなく「発信源」に重きを置くことなのではないでしょうか。つまり言い換えるなら、場合によっては物事を鵜呑みにすることも必要である、ということです。信頼できるあの人がこう言っていたんだから、私にはそれが正しいのかどうか良くわからないけど、とりあえず信じてみよう。この姿勢こそが「人を信用するということ」の実際のところです。情報自体が正しいように見えるかどうかなんてことは、実はそんなに重要なことではないような気がします。

 (とはいえ、自分が「たまたま」その分野について詳しい知識を持っていた場合や、その「信頼できる相手」の言っていることが明らかに論理的に破綻している場合は自分自身で判断することが正しいこともあります。まぁそれは要するに「自分には人を見る目がなかった」というただそれだけの問題なんですけど)

 といったようなことを、例の納豆騒ぎだのなんだのを見ながら思ったのでした。「物事を鵜呑みにするのは愚かなことだ」という言葉自体、鵜に対して失礼極まりない。鵜だって呑み込んで良いものといけないものの区別くらいはつけていますよ。たぶん。
[PR]
by hpsuke | 2007-01-27 01:25 | 雑記
[雑記] 無茶で不思議で理不尽が怪談の条件なんだそうで
 某巡回スレで紹介されていたので師匠シリーズというものを初めて知ったのですが、これはなかなか面白いですね。話自体が怖いというよりも、この作者の怪談に対する考え方、怪談とは何かという思考実験のようなものが見え隠れするのが興味深い。「超能力」はまさにその典型例だし、「鏡」「どうして幽霊は鉄塔にのぼるのか」なんかもかなり勉強になります。全体的に怖がらせることよりも考えさせることを重視して書かれた作品なので、怖いのが好きな人はもちろん、怖いのが嫌いな人もぜひ一読あれ。

 ……まぁかなり有名なシリーズらしいので、今更ではあるんですけど。
[PR]
by hpsuke | 2007-01-26 08:31 | 雑記
[同人音楽] 本日の収穫物
 なんだかんだ言って結構書いてますね、同人音楽カテゴリの記事。まぁ年に数度の肉欲祭直後の収穫期なので量が多くなるのは当たり前なんですが。週イチペースの魔窟探索も今回で四回目、流石に挫けそうになってきましたよー。



Maple Leaf BOX
(オリジナル・Maple Leaf


f0128234_23475529.jpg
Fairytale and Separation
(聖剣伝説2アレンジ・ササラヤ


f0128234_23445522.jpg
2面に進めませんっ!!
(STG1面BGMアレンジ・dBu music

 普段こういった店に行く時は「毒を喰らわば皿まで」の精神でレア物チェック目当てにまんだらけにまず様子見→魔窟ことメロンブックスに突撃→気力をなくして帰還(気力があればとらもチェック)というコースなので、今回もまんだらけ→メロンのコンボで瘴気を浴びてきました。一応今回の目当ては上記の霜月はるかさんのベスト及びそろそろ再販のかかっているはずの「東方月燈籠」で、残り二つはまんだらけでの衝動買いということになります。「Maple Leaf BOX」はプレス側の業者のミスで不良品が多数出回っているとのことですが(はるかさん、心中お察しします……)、それを承知であえて買っていたりします。駄目なら業者にとっかえてもらえば良いし。

 で、実際に買ってみた「Maple Leaf BOX」、やっぱり不良品でした(笑)。ざっと聴いて、噂通りにTr.01「impronta」での音割れとTr.07「夜明けの月」での音飛びを確認。ただ、もう一度再確認で聴いた時は問題の箇所では何事もなかったので、製品交換要望メールはもう少し様子を見てからということにします。

 二番目の「Fairytale and Separation」はMASA名義時代からチェックしている篠螺さんのアルバム、しかも委託なしのイベントオンリー物なので、私としてはかなりの大物が釣れた感じです。その過程で頒布価格500円が1050円に膨れ上がっているのはご愛嬌ということで(笑)。しかし今回で活動大幅縮小ですか、残念です。こうして一人一人と知っている名前が減ってゆくんですね……。

 もうひとつの「2面に進めませんっ!!」はなんとなくその場のノリで購入しました(笑)。元ネタをほとんど知らないので今回はスルーする予定だったんですが、まんだらけで少し安く売ってるのを見て、一つ買うも二つ買うも同じだーとつい手が伸びてしまいました。なんだかんだでdBu music名義のCDは全部揃えてます。

 なおメロンでは大江戸宅急便さんの「ooedo.jp」も売っていましたが、散々迷った末に今回は見送ることにしました。流石に3000円はホイホイ出せる金額ではないのですよ。あとまんだらけにいかにもレア物臭のする真理絵さんのCD-Rも置いてありましたが、こちらも値段が値段(2100円)だったので見送り。手焼きのCD-Rのくせに2100円ですよ! タイトルは良く覚えていないのでこれは勘ですが、たぶん真理絵さんのファンなら一も二もなく飛びつくようなブツだったんだろうな。

 さあ次は「東方三月精」単行本狙いでまた数日後の突撃になるのか。その頃には「東方月燈籠」も店頭に並んでいると良いなぁ。あと4枚、はぁ……。
[PR]
by hpsuke | 2007-01-26 00:27 | 同人音楽
[同人音楽] 購入物感想・2006年冬の肉欲祭編2
 あんまりのんびりしててもどんどん溜まってくるだけなので、少しずつでも良いからサクサク消化してゆくことにしました。とりあえず今日は三つほど。

 

森羅
(東方アレンジ・森羅プロジェクト
 いやあ今回の肉欲祭はアタリばかりで嬉しい悲鳴が出そうというか、これも相当気に入ってます。「春の到来」がコンセプトとのことですが、なるほどほんわか暖か可愛い感じの曲がずらり。どの曲もノリや熱さといったものは皆無ですが、しかし和み系のアレンジCDとしてはかなりレベルが高いのではないかと思います。苛烈な弾幕STGのBGMアレンジというよりは、正直ジブリ映画の和み系新作「ゆかいな森の小さな仲間たち(仮)」のサントラといった方がしっくり来ますけど(笑)。まぁ要するにそれくらい雰囲気は出てるということで。koutaqさんのアレンジが好きな方とかなら間違いなく買いです。

 個人的に好きなのはTr.02「秋冬之境」、Tr.09「Yakumo Union」など。前者はこのCDでも唯一の物悲しい系アレンジとしてかなりツボに入りました。koutaqさんの無何有アレンジは外れなしだなぁ(二曲しかないけど)。後者は流石半公式のうにさん、オーケストラ調(?)のアレンジがばっちり決まってます。なんか本当に森の楽しいどうぶつ一家のテーマみたいですよ!

 

200612
(オリジナル・iyunaline
 で、こちらは今回の茶太さん関連CDのメインのひとつ。……なんですが、個人的にはイマイチ好みに合わなかった感じです。iyunalineさんのいつものクセが出ているというか……あまり抑揚がないとでも言いますか、中途半端に上ずったテンションで最後まで続いてしまっているとでも言いましょうか。メロディにもアレンジにも全体の流れにもドラマチックな展開がないので、どーにも煮え切らないノリのまま終わりを迎えてしまうんですよねぇ。過去作で言うなら「fractal」を聴いた時の不満に近いかも。「crystal」ではその不満はかなり解消されていたんですが、また戻ってしまった感じがして個人的に残念です。一つ一つのトラックは決して悪くないだけにますます残念。

 この中で好きなのはTr.09「死んでる(仮)」でしょうか(笑)。歌詞の内容の割には明るめ(というか現実感がないというか)のアレンジですが、それが逆にお約束っぽさを覆していて良い感じです。あ、おまけのスペシャルディスクは大変面白うございました。それでもイベント限定頒布はどうしても許せないですけどね! 限定公開はんたーい! はんたーい! うがー!

 
f0128234_23401420.jpg
石鹸屋のお歳暮2
(東方ネタボーカルアレンジ・石鹸屋
 そして東方シリーズ板のボーカルスレで「ネタアレンジCD」として知ったこのCDですが、これも「ネタモノとして」というよりは割と普通に良さげでした。つーかネタらしいネタって全体の半分もないのでは? 真面目な東方アレンジトラックも格好良いし、二曲あるオリジナル曲も良かったです。良作多数の今回の収穫物の中では流石に目立ちませんが、普通に当たりの部類のCDだったと思います。ちなみにTr09「続・咲夜バースト」の「バースト」って、「burst」であると同時に「bust」でもあることに最近やっと気付きました(笑)。ネタ自体の鮮度は結構ギリギリですが、こうもストレートに畳み掛けられるとやっぱり面白いです。どこまでェ、どこまで私をォ~、魅了するんだァ~い?

 中でも好きなトラックはTr.08「ってゐ! ~えいえんてゐVer」。あんまり捻りのないごく単純なノリノリおバカソングなんですが、妙に中毒性が高いです(笑)。ていうかこれを聴いて元曲「シンデレラケージ」の良さを再確認しました。結論:やっぱ神主スゲー(笑)。
[PR]
by hpsuke | 2007-01-23 23:28 | 同人音楽
[雑記] 実はここ数年ずっと迷ってる問題
いろいろ考えた結果、
ここから文章の書き方を少し変えることにしました。
今までのこういった短文で細かく区切って改行した
メール調の文章ではなく、
改行を通常の方式に戻した文章にします。
この書き方って確かに読む方にとっては読みやすいんですけど、
でも実際書く時は割と制限があるんですよね……。
あんまり長い文章を続けることができないし、
長さが中途半端だとせっかく思い浮かんだピッタリの表現も
無理矢理違う言い回しに変えなくちゃいけないことも多くて。


というわけで、ここからモードチェンジです。
さん、はい!


 てなわけで以後は、こんな感じで改行を適切な回数に絞った文章で続けてゆきたいと思います。段落ごとに文章がみつしり詰まるのでちょっと読みにくくなったかもしれませんが、まぁ勘弁してやってください。 
 ではでは。
[PR]
by hpsuke | 2007-01-23 22:38 | 雑記
[東方] 妖々夢 夢符霊夢 Luna
プレイヤー名 hp
プレイ時刻 2007/01/20 18:34
キャラ名 博麗霊夢(夢符)
スコア 769678430
難易度 Lunatic
最終ステージ Clear
ミス回数 10
ボム回数 22
処理落ち率1.195%

ムシャクシャしていたので鬱憤晴らしに妖Lunaを通しでプレイ。
クリア優先なので結界割りまくりのボム使いまくりリプです。
しかし結果はなんともボロボロ。
一番得意な夢符で挑んだにもかかわらず、変なところで被弾しまくり。
見えている弾に当たるのはいかんともしがたいものがありますね……。
他、5面序盤のラッシュや6面開幕などボムを節約できた場面で
結界調整が微妙に上手くいかなくてムダにボムorミスしたのも痛い。
その割に苦手な奇門遁甲やオルレアン、八分咲を取っているあたりが解せませんが。
八分咲を通しで取ったのはこれが初めてかもなぁ。
[PR]
by hpsuke | 2007-01-21 18:45 | 東方
[雑記] 夢見る藤田和日郎信者のボヤキ
嫌なものが周囲にたくさんあって、なんだかとっても嫌な気分です。
しかも何が嫌かって、その嫌なものに勝てそうにない点が一番嫌なのです。
必死になって鍛錬すればひょっとすると勝つチャンスがあるのかもしれませんが、
その鍛錬を行うにはまず現実の生活(社会参加の意志)を捨てなくてはなりません。
要するにニートになってその勉強だけに集中でもしないと
恐らく問題が解決しないという……。
(しかもその勉強だけに集中したとしても勝てる見込みが薄いんですけどね)
ああ、このまま嫌なものを「それが現実である」と認めて敗北するしかないのかなぁ。
うー、嫌だー。

自分より何倍も多くのリソースを使って「それ」について深く考えている先達者が、
およそ自分には穴の見つからないようなロジックを使って導き出した「とても嫌な結論」に、
果たして今の自分のような立場の人間が太刀打ちすることはできるんだろうか?
うー、嫌だー。
[PR]
by hpsuke | 2007-01-21 18:00 | 雑記
[漫画] 何があっても目的だけは見失ってはいけない
てな感じで漫画の感想を書いてますけど、
正直なところ、偉そうな文言ばかりでどうしようもないですね。
もはやこういう感想しか書けなくなってしまった自分が情けない。
やっぱり自分はもうこの手の感想を書かない方が良いのかもしれません。
他人をコケにして笑いを取るのは……やりたい人はやってて良いと思うけど、
自分はもう嫌になってしまったのです。

何故そんな感想しか書けなくなってしまったのかというと、
その答えは簡単、すでに大半の興味を失いつつあるからです。
興味がないから読み込めない。
読み込めないから脇に逃げるためのネタを拾うこともできない。
お茶濁しのネタがないから文句に走る。重箱の隅をつついて嘲笑う。
簡単なことですね。

とか書くと今のサンデーに対して(結局)文句を言っているようですが、
どちらかというと私はこれを読者サイドの問題と捉えています。
もちろん作者サイドに問題がないわけでもないのですが、
あるとするなら「大人読者をも満足させられるスゲエ子供向け漫画を描けなかったこと」
ただそこだけに集約されてしまうと思うのです。
……本当にそれは少年漫画製作者の仕事に相応しい目的でしょうか?
少年漫画家たちはそれを目標に子供向け漫画を描かなければならないのでしょうか?


見下されるべきはそんな漫画を描いている漫画家だけではない。
そんな漫画と知りつつそれを読むのにリソースを割いている愚かな読者も同様だ。
つまらないなら、これ以上文句を言わずに読むのをやめれば良いんだよ。
自分の金の使い方の下手さを偉そうに誇示してどないすっちゅうねん。
端から見るとただのバカだよ!


まぁ、漫画感想はもう少し続けてみますけど。
以前のような更新は恐らく今後はもう二度とできないと思います。
[PR]
by hpsuke | 2007-01-20 16:07 | 漫画



漫画・東方・同人音楽ブログ
カテゴリ
ちょっと人気のあった記事
(Easy・Lunatic対象)
(バーコードファイター解説)
(ONE PIECE考察)
(みつどもえ考察)
(絶対可憐チルドレン考察)
(例大祭版対応)
(2009年6月現在)
(超気紛れ更新)


へっぽこ直運営リンク

(漫画感想サイト中心)
(読んだ本の記録)
(最新感想他つぶやき)
(更新凍結中)
(頑張って現役更新中)
(現在約945枚所持)
(ごくまれに増量)
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧