-4th style EB Edition-
[漫画] 久々にサンデー話(最近の感想とか読み方とか万歳とか)
 久々にサンデーの話をば。最近のトピックを一気にまとめて行きます。どうも最近は「一冊あたりの言いたいことの量」が減ってきていて、個別に長い記事を書く気があまり起きないんですよねー。かといって放置もなんだし……また一行ポッキリ感想に戻そうかなぁ。


<ハイド&クローサー>
 実はこの漫画についてコメントするのは初めてですが、何気に結構好きです(笑)。漫画の内容も作品から感じる匂いも、「今できることをできる範囲で精一杯やってる」ように見えるのが個人的なツボに刺さってしまいました。特に、「うしとら」や「ガッシュ」のような熱血路線を踏襲しつつ、そこに頭脳的要素をできる限り組み込もうとしている姿勢は大変にグッド。余程上手く立ち回らなければ相反してしまう要素なだけに今後は大変でしょうが(過酷な現実を気合いで押し返すのが「熱血」ですから、現実的要素である理屈とは相性が悪い)、極めればとんでもないことになるのは間違いありません。今後も期待してますよ~!

 ……このへんの熱血が云々理屈が云々という話はそのうち別記事で書くかも。ある程度少年漫画を深く考えている人にはきっと当たり前すぎることでしょうが、一度きちんと言葉でまとめて外部に発表する作業はしておいても良いかなぁ、と。そうしないといつまでも脳内の仮説段階で終わっちゃいますからね。


<LOST BRAIN>
 あーごめんなさい、ほとんど真面目に読んでいません。といっても、漫画としてダメだとか、パクリが云々とか、そういう理由からではありません。ただ単純に内容の方向性が私の趣味と合わないからです。もっとぶっちゃけて言うと、傲慢で身勝手な主人公がとにかく徹底的にムカツくわ、どんどん巻き込まれて人生狂わされてゆくキャラたちが可哀相で見てられないわで、読んでいると平常心を保てなくなります。うあああああ! イライラがイラリレロるぅぅぅ!!(???)

 私はそもそもあの『呪怨』も腹を立てるあまりちゃんと観られなかったような人間なので(小物小説参照)、今回のもダメだろうなぁと思っていたら、やっぱりダメだったという次第で……そういうわけで、この漫画については、流し読みどころか今後スッパリ読むのを切るかもしれません。読んでも楽しむどころか腹しか立たないなら読まない方が良いわな、と。ご了承を。

 ちなみに「デスノ」の夜神月も同タイプのイライラキャラではありましたが、彼の場合は常にLという「主人公の全能性を削ぐ対等な相手」がいたのであまり気になりませんでした。それに作中でも月の行動は基本的に否定的に描かれていましたしね。今更ながら、Lの設定は実に上手かったよなぁ……こっちの元祖催眠術師の人はそこまで頼りにならなさそうなだけ、主人公の不快極まりない暴走が当面は続きそうで不安です。


<最上の命医>
 こちらは「LOST BRAIN」とは違う意味で真面目に読んでないかも……ぶっちゃけあまり面白くないんですよねぇ。これといった感情移入先が見つからないので、読む時にどうも困ってしまいます。先の「LOST BRAIN」が「嫌い」なら、こちらは「無関心」。どちらにせよ「好き」とは遠いので、これについても余程のことがない限り感想はスルーすることになると思います。


 ここからは適当にポチポチと。

<ダレン>
 大人デビーの苦労妻っぽい雰囲気にやられました。うっほほーい(?)。


<金剛番長>
 とりあえず私にとっての「少年漫画史上最低最悪最凶、最も卑劣なド腐れ野郎」の称号は真中淳平が防衛することに成功した模様です。卑怯番長の手口は確かに卑怯ですが、あくまで「正々堂々と」やっているので不快感がありませんね(無関係な他人を巻き込まない、ちゃんと自らの手を汚している、自分が何をしているのかをはっきり自覚している、負けは素直に認める、責任はきちんと取るつもり(殺せ発言)、などなど)。卑怯番長に限らず、この漫画のテイストとしてばっちょ先生があまり暗く重くならないよう配慮しているのでしょうけど。


<DIVE>
 秋月さんが結局トモLOVEなことに絶望した!!


<ハヤテ>
 生まれ持って優れた素質を有している者でもない限り、趣味のレベルとモテレベルを両立させるには並大抵ではない苦労をしなければなりません。どちらも生半可ではない熱意と継続的努力とお金が必要だからです。薫先生には覚悟がなかった。それはそれでひとつの悲劇ではありますが、しかし自業自得でもあるので私は彼に同情する気にはなれません。同境遇のオタクのみなさん全般についてもそうですけど。モテたいなら趣味を捨てる覚悟を持て! 趣味が捨てられないなら死ぬまで非モテの道を突き進む覚悟を持て! 両方欲しいなら他の全てを犠牲にする覚悟を持て! それが世の中だ!


<お茶>
 西森先生のダラダラした青春を描写する能力とムカツく小悪党を表現する能力は相変わらず一級品だなや。そしてきちんと落とすべきところに落としてくれるから安心して読めます。

 それにしても、部長を見てるとアレですね、「あずまんが」のちよちゃんを見てる時のような気持ちになります。父性愛が刺激されるというか……このまま世間の色に染まらず純真に生きて! この世のあらゆる災厄がその身に降りかからぬよう、このままずっと幸せに! という気持ち。夏帆も同じこと言ってましたけどね(笑)。


<魔王>
 とりあえず私が演説中の犬養や思考停止状態の生徒さんたちに言わせるなら060219otiとか060225otiとかでしょうねぇ(笑)。先が読めなくてなかなか楽しいです。少年漫画っぽい熱いメッセージと大人っぽいハードな語り口の見事な共存もグッド。


<絶チル>
 アニメ化おめでとうございます! 私は例によってアニメはアレでアレなので(意味不明)観ないと思いますが、悲願が叶って何よりです。この調子で関連グッズも売れれば良いね!(笑)


<タッコク>



 すぅーっ……





f0128234_22411488.jpg



f0128234_22413063.jpg



 (ジャンプはまたあとでやります)
[PR]
by hpsuke | 2008-03-02 22:56 | 漫画
<< [同人音楽] グランドオープニ... [雑記] 「どんなにしょーもな... >>



漫画・東方・同人音楽ブログ
カテゴリ
全体
はじめに
雑記
漫画
東方
同人音楽
ちょっと人気のあった記事
(Easy・Lunatic対象)
(バーコードファイター解説)
(ONE PIECE考察)
(みつどもえ考察)
(絶対可憐チルドレン考察)
(例大祭版対応)
(2009年6月現在)
(超気紛れ更新)


へっぽこ直運営リンク

(漫画感想サイト中心)
(読んだ本の記録)
(最新感想他つぶやき)
(更新凍結中)
(頑張って現役更新中)
(現在約945枚所持)
(ごくまれに増量)
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧