-4th style EB Edition-
[漫画] 『それでも町は廻っている』6巻伏線まとめ
 先日ついに待望の『それ町』6巻が出たので、喜び勇んでしまった勢いで関連する伏線などをまとめてしまいました。実は『スクラン』に匹敵するほど山のように伏線が張り巡らされている漫画ですからねぇ。何も考えずに一度読んであははと笑ったあとで、過去の描写との符合で二度美味しく読んでいただければ。麦わら歩鳥の符合に気付いた時は、ぶっちゃけ背筋がゾクッとしました(笑)。

 なお、ざっと見て気付いたことだけを思いつくままに書いているので、まだまだ他にも見落としがあるものと思われます。他にも発見したら継ぎ足してゆくので勘弁願います。

 ちなみにp.8-1と書いてある場合は、8ページめの1コマめという意味です。過去描写参照元はコマ数まで書いてないのでご了承を。


第43話 フリーマーケットで歩鳥とキス

p.8-1 背景に町内会長の町田悟(2巻p.5)
p.9-6 ツッコミを入れる磯端善治(3巻第28話)
p.10-1 ドリンクを売る100円ショップの安根英樹(2巻p.5、3巻p.174)
 ちなみに何かにつけ100円ペットボトルを出してくる店である(3巻p.15)
p.15-5 他にいい加減な日本語として「万年しつ(2巻p.31)」「満身創痍(3巻p.61)」など
p.17-3 さりげなく前を通る静さん
p.21-1 おみくじ探偵は二冊持っているので売りに出している(5巻p.90)
 ちなみにおみくじ探偵の初登場は「ゼリー島殺人事件」執筆時(2巻p.38)
p.21-1 自伝のタイトルが「出世魚」なのは実家が魚屋だから


第44話 ざっくばらん

p.25-表紙 形の似たビンに入っている化粧水と育毛剤(4巻p.115)
 ちなみに育毛剤はハリネズミエキス配合(2巻カバー裏)
p.28-3 棚の上の酒は夜のシーサイドのメインメニュー(2巻p.95)
p.32-1 店の名前は「どっちや」(和風かイタリアンかどっちや!)
p.34 下沢半蔵、本編二度目の登場(2巻p.5、2巻p.95)
p.38-1 おしゃれの店マリリン(2巻p.5、5巻p.119)
p.39-1 「どうしたんだ~」は紺先輩の寝言の元ネタ(4巻p.70)
p.41-2 男子はゴリこと浅井(4-32-133)、女子はメイズのギャラリー(3巻p.47)
 ちなみにこの二人はメイズ回でもセットでいる
p.42-3 ラーメン虎馬は近所にあるらしい(2巻p.184)


第45話 逢えない二人

p.49-4 針原さんの「同じ顔の兄貴」初登場(4巻p.49)
p.55-1 タケルは薬用飲料が苦手っぽい(2巻p.93)
p.57-2 針原さんはタケルが大のお気に入り(4巻p.80)
p.57-5 歩鳥はタッツンのスタイルを良く知っている(2巻p.8)
 ちなみに後ろにいるのはシーサイドのイラストを頼まれた男子(2巻p.114)
p.58-2 化け物の顔がユキコの描いたメッシー(5巻p.197)
p.59-6 枕元の本は学校で遊んでるカードゲームのタイアップ漫画?(4巻p.177)
p.70-5 『狂闘先生!』は『木曜日のフルット』の白川先生の作品


第46話 タイムカプセル

p.78-1 歩鳥は昔からシーサイドのカレーを食べていた(1巻p.135)
p.82-3 歩鳥は幼い頃、静さんによく面倒を見てもらっていた(3巻第26話)
p.83-4 昔からお土産にはロマンドのケーキがベター(2巻p.121)
p.84-1 年月が経つにつれ、どんどん減り続けるカレーの具(1巻p.135)
p.88-5 歩鳥ウイルスに侵されてゆくタッツン(1巻p.91)
p.89-5 店の奥のテーブルは善治の特等席(3巻p.191)
p.90-5 幼少歩鳥のシャツの柄が『木曜日のフルット』のフルット
p.91-2 かぼちゃのエプロンは昔のウキがよくつけていた(1巻p.135、3巻p.145)
 ちなみに今は歩鳥がもらって使っている(1巻p.89、1巻p.93)


第47話 ヒーローショー

p.105-1 タッツンの部屋にある舞台のポスターもそうなのかも(5巻p.55)
p.107-3 乗り物が『木曜日のフルット』のフルット


第48話 歩鳥初体験

p.120-1 髪の短い歩鳥(6巻p.39)
p.120-3 エロ章と呼ばれる真田(2巻p.127)
p.121-1 もんじゃを食べたのは駄菓子屋すずやのVIPルーム(4巻p.168)
p.122-4 KAPOKパンはカモ使いのおじさんのエサを提供している(3巻p.101)
p.124-4 100円ショップやすねは八百菊の正面にある(2巻p.5、3巻p.174)
p.125-1 玉川は真田にとっては思い出の場所(1巻p.85)
p.134-2 イモコロッケに続く肉の村上メニュー第二弾(2巻p.120)
p.137-4 岨路庵は交番とシーサイドの中間にある(4巻p.94)
p.140-3 そばが苦手なのはおそらく歩鳥のせい(4巻p.130)


第49話 紺先輩の静かなる怒り

p.146-4 浮き輪は翌日歩鳥にダメにされる運命にある(3巻p.1)
p.150-4 この水着も翌日には海の藻屑となる運命(3巻p.5)


第50話 まぼろしの少年

p.156-1 たぶん実家へ出発する前にジョセフィーヌと遊んできた(2巻p.190)
 もちろん、これから行く実家がジョセの生まれた家だからである
p.155-2 初期から設定されていた綾鳥家といとこの真琴の存在(2巻巻頭折込み)
 ちなみに「8月にお母さんの実家に行く」ことも決まっていた(4巻p.6)
p.162-2 犬の名前は「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」から
 (ジュピターだけ仲間はずれなのは、たぶん犬種が違うから)
p.165-3 水着を持ってきていないのは、海で失くしたから?(3巻p.5)
p.168-3 「謎の自画像事件」はモリアーキーの依頼(1巻p.56)
p.172-2 名前から推察するに、クライネはジョセの兄弟
p.179-4 綾鳥家のおじさんは入学祝いに万年筆をくれた人(2巻p.36)
p.185-3 嵐山家の子供は致命的に寝相が悪い模様(4巻p.34、5巻p.150)



 って、この記事をアップしてから晴耕雨マンガさんのまとめに気がつきました。相変わらず無意味で不必要なことしかしないなぁ自分。はぁ……。ま、自分が楽しかったから良いか……。
[PR]
by hpsuke | 2009-11-03 23:02 | 漫画
<< [雑記] どうしてもこれだけは... [漫画] 読書メーターとか今の... >>



漫画・東方・同人音楽ブログ
カテゴリ
ちょっと人気のあった記事
(Easy・Lunatic対象)
(バーコードファイター解説)
(ONE PIECE考察)
(みつどもえ考察)
(絶対可憐チルドレン考察)
(例大祭版対応)
(2009年6月現在)
(超気紛れ更新)


へっぽこ直運営リンク

(漫画感想サイト中心)
(読んだ本の記録)
(最新感想他つぶやき)
(更新凍結中)
(頑張って現役更新中)
(現在約945枚所持)
(ごくまれに増量)
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧