-4th style EB Edition-
<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
[東方] 東方風神録 霊夢B Lunatic
Version 1.00a
Name hp_10.9
Date 08/06/16 01:16
Chara ReimuB
Rank Lunatic
Stage All Clear
Score 1096834800
Slow Rate 1.03

 某所で「今週末に地霊殿web体験版が出るかもよ!」という話を聞いたのでワクワクテカテカしていましたが、結局何もなかったので風を一発プレイ。初めてLunaで10億越えのスコアを出すことができました。ちゃんと霊撃を撃てれば普通はこれくらい行くんでしょうけどね……。今回は難所よりむしろどうでも良いところ(普段ここじゃ霊撃は撃ってないしなーと油断するところ)で何度も死んだ印象。次の目標は素の回避力の強化かなぁ。永咲夜単体Lunaクリアを達成した頃に比べたら格段に回避力が落ちてるしなー。


本日の4枚
f0128234_219148.jpg
 最終面ボス・八坂神奈子の通常攻撃4のその1。

 本編もいよいよクライマックスに近付いてきた頃、ここまで来てまさかの長期戦でプレイヤーの集中力を奪うための弾幕。通常攻撃はこれがラストになります。神奈子の通常攻撃4は全部で3パターンありますが、今回はそのうち最初に来る攻撃をピックアップ。パン! パンパン! パンパパンパン! と大玉弾の横長列を全方位に連続して撒き散らす攻撃です。ご覧の通り、ループの終わりは巨大な弾が大量に撃たれるので画面が白く埋まってしまいます。

 ……ですが、凄まじいのは見た目だけで、一度見切ってしまえば誰でも簡単に避けられる弾幕だったりします。実は100%自機狙い弾で、しかもリズム良く撃ち出されるので、パターン化が非常に容易なのです。はっきりいってクライマックス前の休憩所、ボス直前のセーブポイントみたいな存在なので、逸る気持ちを抑えつつ、まったり打ち込んでゆきましょう。以下、Hard・Luna共通の安定パターンを紹介します。

 まず攻撃前は神奈子の正面に位置取り、あとのことは気にせずひたすら撃ち込み。初回は最低ここで体力の1/4は削ってしまう勢いで貼り付いてゴリゴリ攻撃します。2回目以降は神奈子が透明化して攻撃が通じませんが、それでも正面で撃ち込みます。


f0128234_2192877.jpg
 そして一発目の「パン!」という音がすると同時に、すっと2キャラ分ほど左へ移動します。大玉弾は自機狙いなので、正面に飛んできた大玉弾を左に回避するように動きましょう。ここで注意すべきことは、上に見える二列目の大玉弾列のうち、真下やや左に撃ち出される弾(↑で赤く塗った弾)の真正面に来るように移動しておくこと。もちろんこのままだと当たってしまいますが、ここはあえて「来ンかいド阿呆!」と立ち塞がります。


f0128234_2194746.jpg
 すると今の弾が来るまでに、今度は二回分の破裂音(パンパン!)がして、次の大玉弾列が発射されますが、これもまた自機狙いのため、最初の弾と全く同一の軌道を飛んでくることになります。つまり、これらを撃たせた後でひょいと避ければ、初回の残り弾と2回目の弾をひとつの動作で一緒に避けてしまうことができるのです。所感としては、最初の弾をギリギリまで引き付けつつ、当たる直前にひょいっと(図の黄色矢印の動きで)神奈子の正面に戻る形になります。


f0128234_2201948.jpg
 そして最後に、「パンパパンパン!」と一気に大量の弾を撒き散らすことになりますが、これらもその場で動かずに待機し、最初に飛んでくる弾が当たる直前にまた左に避ければ丸ごと全てを回避する道ができます。おまけにこの動きなら神奈子が勝手に道の正面に移動してくる場合が多いため、非常に効率良く撃ち込むことができます。

 要するに今までの話をまとめると、

 神奈子正面で撃ち込み
 →「パン!」という音と共にちょっと左移動
 →「パンパン!」を引き付けてから元の位置へ
 →「パンパパンパン!」を聴いたらまたちょっと左へ

 という、わずか3度のアクションで全てを軽く回避することができるのです。音の出るタイミングさえ掴んでしまえば、そこまで精密な動作を要求されるわけでもないので、誰でも楽に避けられるでしょう。 
[PR]
by hpsuke | 2008-06-16 02:22 | 東方
[漫画] 伝・説・再・来
 今頃知ったのですが、神聖モテモテ王国の7巻がネット通販で販売されている模様です。あの幻の7巻ですよ? 6巻までの単行本未収録分にヤンサン掲載分も加えて特別定価1000円ちょっとでお届けです。いつの間にこんなワンダープロジェクトが進行していたんでしょうか……。なんだよもー、売ってるなら売ってるって言ってくれなきゃわかんねーだろー?(テンションが変になっています)

 まぁサンデーコミックスとしてではなく新装丁の完全版なので、これまでのコミックスとは見栄えが揃わないのはちょっと悔しいのですが、問題は中身なのでこれでも問題ありません。うちの父親の「夏子の酒」なんて、三種類くらいの装丁がこれでもかと入り乱れてるしね(モーニングKC、モーニングKCDX、講談社漫画文庫)。むしろそれで最後まで切れ目なく読めるのが奇跡か。
[PR]
by hpsuke | 2008-06-13 11:26 | 漫画
[漫画] なんかちょっとムッとしたので/購読者としてできること
 「サンデーを見捨てる」という言葉は、元読者だけが使う言葉だ。今までサンデーに見向きもしなかったような人は、捨てる以前にまず「見」てすらいなかっただろう。仮に今回の騒動を契機にサンデーを購読する気を失くしたとしても、今までと同じ状態を継続するだけである。「見捨てる」という表現はそぐわない。

 そして今回の騒動で「サンデーを見捨てる」、つまり今まで読んでいたものを買わなくなるという時、それは多くの場合、編集者への義憤を伴うものだろう。いわば感情的な問題、「情に流されて」購読をやめるわけだ。理性的な打算を基に購読を止める人はまずいない。つまり、編集部の健全化が結果として長期的な利益(やがて今より雑誌が面白くなる=価値が高くなるだろうという期待)に繋がるから、あえて短期的な利益を放棄しよう……とまで計算して購読を止めるような人は、十中八九存在しない。そこまでサンデーに長期的なビジョンを導入している、いわば深く入れ込んでいるような人間は、まず一週すらも雑誌連載作品を見逃すことができないからだ。週刊連載の中毒性の高さは、一度ハマったことがある人間なら誰もが理解できると思う。

 故に私は、情にほだす形で「サンデーを見捨てないで」と懇願する若木先生を非難する気には決してなれない。情をもってサンデーを「見捨て」ようとしている人間を、同じ情をもって繋ぎ止めようとする行為は、むしろ理に適っていると思う。情に勝てるのは情だけであり、理性で情を抑えることはひどく難しいものだ。しかし自身の連載を発展させて相手に情を抱かせる戦法は時間がかかりすぎるゆえ、今回のような短期間の大騒動に対しては効果が薄い。ならば隠し文字で一言呟くくらい、許されても良いのではないかと思う。漫画家だってプロであるが所詮人間だ、弱音を吐くことも不安に怯えることもあるだろう。漫画家にプロとしての仕事「だけ」を期待し弱さの一切を非難する姿勢は、広い視野で見ると結局、漫画家を「道具」扱いしている一部の編集者とそう大差ないように思えてならない。


 * * *


 とりあえずアンケートに思うところを云々書いて出してきました>サンデー
 何もしないと言ったって、これくらいのことはやりますよ。むしろ買い続けている人間にしかできないことですしね。外野の人間が堂々と編集部に物申すためには、お金を出しているお客様という肩書きは非常に有効です。これを利用しない手はありません。まぁ、ちゃんと営利企業として健全な機能が残っているのなら、という前提の話ですが。
[PR]
by hpsuke | 2008-06-12 02:20 | 漫画
[同人音楽] 先日の収穫物~Like a Fanatic, Like a Resistance

ORDER

(女性ヴォーカルコンピレーションアルバム・MORCA・Anniversary Records



東方スイーツ

(東方アレンジアルバム・Innocent Key


 英語のサブタイトルに意味はありません。

 雷句先生の騒動に気を取られてすっかり忘れていましたが、先週の金曜あたりに収穫してきたものです。もうお金がないので今回の探索で例大祭関連はおしまいです。次は……「片霧魂」の委託がいつになるか次第ですね。
[PR]
by hpsuke | 2008-06-09 10:31 | 同人音楽
[漫画] とりあえず全ては編集部側の言い分を聞いてからだ
ひ、ひいぃ、雷句先生が討って出たよ……

 まだ全て読めていないので詳しいコメントはできませんが(仕事先からの帰宅バス時間待ち中)、なんだか恐ろしいことが始まりそうな予感。あわわわわ。

 ただ傍観中の人には一言だけ。便乗してあれこれ文句を言うのなら、事実確認が取れてからにしましょうね。


 (追記)
 ひと通り読みました。
 実情はわからないのでそのあたりについてはノーコメントですが、現段階で言えるのは、編集部が原稿を失くすのはあってはならないミスだということと、小山ゆう先生のくだりは邪推の域を出ないと言われても仕方がない、ということ。とにかく雷句先生は見たところかなり冷静さを失っているようなので、法的な場で争うのならもっと落ち着くべきだと思います。

 あと、これに反応して橋口たかし先生のブログ?も公開されていますが、こういった多角的な反応がもっと増えると良いなぁ。もっとも現段階で連載中の漫画家のみなさんは、ほとんどがこの話題をスルーするか、口を濁すだけで終わると思いますが(当然ですね)。

 ちなみに私は……かつて「ワイルドライフ」の藤崎先生のあるコメントを読んでから、感情移入先が完全に偏ってしまっているので(それを読んでから当時の感想のWL叩きを止めてしまいました……)、冷静に全体像を見渡すことはできそうにありません。それに冠茂氏の一連の担当作品は、私にとってあんまり面白くないものばかりだったしね(笑)。「ジャぱん」の執拗な河内イジメの描写なんか、正直反吐が出そうだったよ。


(さらに追記)
 新條まゆ先生も今回の件に関してコメントしていますね。
 ↑の藤崎先生の日記と新條先生のブログを紹介していることをもって、私の意思表示とさせていただきます。小学生の頃から長年ずっとサンデーを読んできた人間として、どうしても「自分と関係ない第三者の争いをニヨニヨしながら眺める」スタンスにはなれません。だからといって何かするわけではないけれど(尊敬する作家がいるので、サンデーの購読は続けます)、せめてこの騒動をエンターテインメント扱いはせず、これが漫画業界、とりわけ小学館の体勢にどういう影響を及ぼすのかをしっかり見届けようと思います。
[PR]
by hpsuke | 2008-06-06 22:40 | 漫画



漫画・東方・同人音楽ブログ
カテゴリ
全体
はじめに
雑記
漫画
東方
同人音楽
ちょっと人気のあった記事
(Easy・Lunatic対象)
(バーコードファイター解説)
(ONE PIECE考察)
(みつどもえ考察)
(絶対可憐チルドレン考察)
(例大祭版対応)
(2009年6月現在)
(超気紛れ更新)


へっぽこ直運営リンク

(漫画感想サイト中心)
(読んだ本の記録)
(最新感想他つぶやき)
(更新凍結中)
(頑張って現役更新中)
(現在約945枚所持)
(ごくまれに増量)
検索
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧