-4th style EB Edition-
<   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
[雑記] 「どんなにしょーもないことでも気軽に更新できる」からブログにしたんだった
 仕事帰りの終バスの中から、例の魔窟に並ぶお兄さん方の群れを目撃しました。
 たぶん明日の朝10時までずっと並んでいるのでしょう。
 ああ、そういえばアレなんだろうな……と薄々察してしまう自分が嫌すぎる。ああうう。

 茶太さんのシングルや「START!」はまた来週買いに行く予定です。相変わらず長居はできないので、できるだけさっと潜ってさっと脱出してきます。本当に、近付けば近付くほど、知れば知るほど嫌いになってゆくな、この文化は……。最近はメイド萌え云々もダメになりました。なんというか、酷く馬鹿にしてますよね、メイドという職業を。先人たちが最初期の汚れたイメージを苦労して払拭し、せっかく今の「誇りあるサービス業」という地位を手に入れたのに、また自己本位な欲望で汚すのかと考えると情けなくなってきます。メイドを奴隷とか玩具か何かと勘違いしてるのでは。

 ちなみに似たような例としては「探偵」もそうですが、でもこちらは同じ「イメージが現実を反映していない」例でも、少なからずヒーローイズム(格好良さ)が付与されているからなぁ。それが迷惑だという人もいることでしょうが、まぁメイドのそれよりはマシでしょうね。
[PR]
by hpsuke | 2008-02-29 02:50 | 雑記
[東方] 風神録 Lunatic 霊夢B
f0128234_34677.jpg
 4面ボス・射命丸文の第3スペルカード、「無双風神」
 風を操る程度の能力により、肉眼で捉えられないほどの超高速で画面上部をビュンビュン飛び回りながら大量の米粒弾をランダムに撒き散らす攻撃。数多いスペルの中でもとりわけ少年漫画っぽい技で大好きです。

Version 1.00a
Name hp
Date 08/02/28 02:45
Chara ReimuB
Rank Lunatic
Stage All Clear
Score 804621050
Slow Rate 0.82

 最近めっきりLunaに挑戦しなくなっていたので、もうクリアできなくなってんじゃないの? と不安に思いプレイ。予想に反し、それなりに余裕を持ってクリアできてしまいました。ただ内容ははっきりいって霊撃祭りもいいとこなので、爽快感や達成感はあまりありません。霊撃を撃ち尽くして迎えた↑の「無双風神」は何故か取得できてしまいましたが……。

 ちなみに今回のクリアで、ようやく件の隠しメッセージを確認しました。言われなきゃ気付かないよ、こんなん!
[PR]
by hpsuke | 2008-02-28 03:13 | 東方
[雑記] 流石に放置しすぎはまずかろう
 とりあえず生存表明。いきてまう。いきてまーう。
 (主に肉体が)いろいろテンパっててにっちもさっちもいかないので、お茶濁しに最近のキーワードを列挙しておきます。

 ヒストリエ布教大作戦(大成功)/蟲師布教大作戦(結果待ち)/腰が痛い/人気投票のコメント分析が楽しみ/アルカイザー/プチメタボ/財政学/第3次脳内ハガレンブーム/三月のライオンのねこの描写がスマッシュヒット、そうそうそんなんなんですよあいつらは!/「ガリガリのを拾ってきてブクブクにするのが趣味」ああっわかるっ、わかりすぎるその趣味ッッ!/醸されつつあります/改造大作戦継続中/土日出勤は体が厳しい/祝・H×H復活/経済学/マイルストーン/猫になりたい/'98夏/かんらのこえ/Mont Saint Michel et Sa baie (Vocal Mix)/ターニアのヴェール/樹海志向/やさしい/ラッキーマンと悟空では悟空の方が強い/ジョジョの運命論/少年漫画と無理(理が無いこと)の関係性について、及び大人読者の態度と少年漫画の特性について/ヘタリア/アフタヌーン買い始めました

 特に解説などの予定はないブン投げの記事です、あしからず。
[PR]
by hpsuke | 2008-02-26 18:10 | 雑記
[同人音楽] 先日の収穫物~Two in the Devil's Cave
f0128234_1445045.jpg
Winter Mix vol.5
(冬テーマのとらのあなオリジナルアルバム・株式会社とらのあな


On your Mark -forked road-

(「START!」未収録曲インストアルバム・M.Graveyard&WAVE


 英語のサブタイトルに意味はありません。

 先週の金曜日に購入したもので、今回は地上の方の魔窟(とら)です。目当ては「Winter Mix vol.5」で、ついでにWAVEさんの新譜も発見したのでゲット。地下の魔窟(メロン)へは寄る気がしなかったので、今回はこの2点のみ。ちなみにベガスさんの「START!」はそのうち購入する予定ですが(癒月さんとぺーじゅんさん・たくまるさんなら選択の余地なし)、今はお金がないのでお預け。次の給料日が来てから、できれば他の用事ができてから購入します。

 ……いつまでもベガスネタを引っ張るのはどうかとも思いますが、むしろ一周回ってかわいい気がするのでこれはこれで良いか。
[PR]
by hpsuke | 2008-02-18 01:55 | 同人音楽
[雑記] 誰にでもある分岐点(戦果・義理三個もゲット、感謝)
 今年のバレンタインは、バレンタインとは全く関係のないところで、ちょっと良いことがありました。
 今までの自分を少しは変えるきっかけになれば良いな。
 もう馬鹿みたいな堂々巡りは懲り懲りだ。
[PR]
by hpsuke | 2008-02-18 01:27 | 雑記
[東方] 第5回東方シリーズ人気投票・個人的補足(後編その2)
 てなわけで引き続き、好きな東方曲を語り倒しちゃうぜのコーナーです。
 それではまず、こちらの5曲!


不思議の国のアリス(東方怪綺談・エクストラステージのテーマ)
 最初に聴いた時、なんだこのヒーローソングは! と笑ってしまった曲。不思議の国のアリスというよりは、どちらかというと数々のピンチを乗り越え未開の大地を切り拓いてゆく冒険者のテーマ、といった方がしっくりくる気がします。いずれにせよ良い曲なんですけどね。「東方小曲集」収録の烈火さんのボーカルバージョンは必聴! 聴ければですが!


フォールオブフォール~秋めく滝(東方風神録4面「要塞の山」テーマ)
 壮大で爽やかな滝のテーマ、と見せかけて後半は結局いつものZUN節になる、実に東方らしい曲。いや、いつものZUN節は大好物なので全く問題はありません、というよりむしろもっとやってください。お願いします。……なんの話だ(笑)。風4面は道中曲・ボス曲とも和風かつ爽やかでプレイしていて大変気持ち良くなります。面の難易度自体はまさに鬼門ですが。


無何有の郷~Deep Mountain(東方妖々夢1面「白銀の春」テーマ)
 ステージ本来の辺り一面の雪化粧と、タイトル通りの手付かずの緑が生い茂る山地のどちらのイメージにもぴったりハマる不思議な曲。個人的に1面道中曲は何故か気に入ることが少ないのですが、この曲だけはガッチリと噛み合いました。一体何が違うんだろう……ちなみにこの曲もアレンジされると化けるタイプの曲ですね。特に悲しげなアレンジとボーカルアレンジが良く似合います。


幽霊楽団~Phantom Ensemble(東方妖々夢4面ボス・プリズムリバー三姉妹のテーマ)
 幽霊だけど楽団、怖くて悲しいけど明るく楽しいという矛盾を見事に両方表した名曲。さらに三姉妹の「息が合ってなさそうでその実しっかり合ってる」ところまで聞き取れるのは恐れ入ったとしか言えません。神主の表現力はほんと化け物だぜフハハハハー。三姉妹のバックストーリーを知った後に聴くと、どうしてそんな矛盾が発生したのかわかるところも◎。


桜花之恋塚~Japanese Flower(稀翁玉・幽香のテーマ)
 はらはらと舞い散る桜の下に、儚げなたたずまいのお嬢さんが立っているイメージがどうしても浮かんでしまう曲。同じく幽香のテーマである「今昔幻想郷」はうーん?な感じだったのですが、こちらは非常にしっとりしていてとても同一人物の曲とは思えません(笑)。幽香自身は凶暴キャラだし。それにしても、こうして改めてみると蓬莱人形はアルバム全体が落ち着いてるなぁ。とても殺人ピエロのストーリーに合わせたアルバムだとは思えません(笑)。



 もうちょっとだけ! プラス5曲!


ヴォヤージュ1969(東方永夜抄6面「姫を隠す夜空の珠」「五つの難題」テーマ)
 元祖・鬼ピアノ曲(笑)。個人的には「大空魔術」収録のどの曲よりも宇宙っぽい曲だと思います。この曲を聴くと、暗闇に浮かぶ無数の光の粒を掻き分けるように、奥へ奥へと進んでゆく宇宙船の映像がすでに自動で思い浮かぶようになっています(スターウォーズのオープニングのアレっぽいやつです)。これも夢違科学世紀収録バージョンよりゲーム使用バージョンの方が好きです。


青木ヶ原の伝説(卯酉東海道・トラック5)
 見るからに恐ろしげなタイトルの曲ですが、実際はわかりやすく恐ろしげなメロディは一切なく、淡々としたテンポで進む半イージーリスニング。しかしそれが逆に無慈悲で空虚な雰囲気を醸し出していて、なんとも形容しようのない廃墟的な恐ろしさを感じてしまいます。実際樹海に迷い込んで死ぬ時はこういう気持ちになるんだろうなぁ。妙に暖かさを感じるあたりが、死の眠りに誘い込まれているようでまた……。


風神少女(東方文花帖・射命丸文のテーマ)
 勇ましいトランペットのファンファーレと同時に、勢い良く青空へと飛び出してゆく東方きっての爽快感に溢れた曲。頬を切る風まで幻視(幻触?)してしまうスピード感、まさに最速のキャラのテーマに相応しい。メインメロディも堪らないのですが、特にロングバージョンの中盤のピアノ乱打が最高です。ゲームの方じゃ聴けませんけどね。


厄神様の通り道~Dark Road(東方風神録2面「神々の疵痕」テーマ)
 不吉といえば不吉だけど、妙に爽やかさを感じる変な曲(笑)。そのへんの境界線があやふやな辺りが東方なんでしょうけどね。これは「東方華想神月」というアレンジCDに収録されている「神々の祈り」というボーカルアレンジが非常に良い仕事をしていて、そこから一気に好きになりました。あとどうでも良いのですが、サビの途中に入る「テテテテ」という繋ぎの音がなんか無性に大好きです。


月まで届け、不死の煙(東方永夜抄Exボス・藤原妹紅のテーマ)
 基本的には儚くて悲しげな運命を連想させるんだけど、でもちょっと怨念強すぎじゃないかなー、という気持ちにさせられる曲。聴けば聴くほど切なくなるけど、でも延々と続く弾幕合戦のテンションを落とさない程度に激しさを保つ仕事は流石の一言。この曲だけではありませんが、ExはExで弾幕も曲も本編とは全く異なる趣のもの(本編に使うと浮いてしまうもの)をちゃんと使い分けているのも流石の一言です。ボキャブラリーが少なくてごめんなさい。



 「もうちょっとだけ」は「まだまだ続くぜ」の隠語! 5曲!!


運命のダークサイド(東方風神録2面ボス・鍵山雛のテーマ)
 さっきの「厄神様の通り道」もそうでしたが、この曲も不吉なんだか違うんだか良くわからないすれすれのラインを走っていますよね。怖いタイトルの割にずいぶん可愛らしい曲だし。ただゴスロリ風味なのは間違いないので、雛のテーマとしてはこれ以上ないんじゃないかと思います。うーん、何が良いのかを説明しづらい曲だ。


童祭~Innocent Treasures(夢違科学世紀・トラック1・ZUNのテーマ)
 まさかの実在人物のテーマソングにして、東方曲で唯一公式で歌詞がある曲。この歌詞の渋さがまた、なんというか、公式と二次創作の境界を端的に示していて素敵です(笑)。そしてこれをきっと苦笑しながら書き上げただろう神主も素敵です。誰か歌ってくれないかなぁ。「花詠束」に1パートだけ歌っているのはありましたが、あれじゃ全然足りません。


神さびた古戦場~Suwa Foughten Field(東方風神録6面ボス・八坂神奈子のテーマ)
 Win版ラスボス曲ではダントツのカリスマ曲。他のラスボステーマはシンプルなカリスマ性とは微妙に違う方向を向いている曲ばかりですが(紅:気品、妖:儚さ、永:伝統、萃:無邪気、花:正義)、この曲はただ純粋にラスボスとしての威厳を追及しているように思えます。乾(天)を創造する程度の能力だからというわけでもないですが、分厚い黒雲がどこまでも続く広大な荒野のイメージを抱いています。


Tabla rasa~空白少女(東方夢時空・エレンのテーマ)
 これはBMSイベント「東方音弾遊戯」の参加曲「夢-見」(N-island-Kさん)がとても気に入り、その流れで原曲も……という経過で好きになりました。エレンのキャラは詳しくは知らないのでイメージと合っているのかどうかは良くわかりませんが、マニュアルの簡単な説明を読む限りではなんだか曲のイメージとドンピシャな気がします。夢見がちで、空白で、哀しいところとか。


エクステンドアッシュ~蓬莱人(東方永夜抄Ex「蓬莱人形」テーマ)
 こちらもアレンジから気に入った曲。「BorderLine」の哀愁に満ちたアレンジを聴いて、実は想像以上にコクと深みがあったことに気付きました。蓬莱人が自分の宿命を受け入れつつも苦悩しているようなイメージで、石ノ森版ライダーのテイストに近いと言えば伝わるでしょうか。もっと端的に言うと、バーボンの似合いそうな曲です。トランペットを持った黒人男性も合いそう(意味不明)。



 いい加減、これで終わりにします! ラスト5曲!!

 
華胥の夢(夢違科学世紀・トラック2)
 かしょのゆめ、昼寝の夢。……のはずですが、やけに暗いメロディの曲です。重たい音ばかり使っているせいでしょうが、夢の持つ神秘性と、そこはかとないエロスが出ているので割と好きです(笑)。ただ、この曲や各ED曲を聴くたびに、神主はSTGのBGMの表現力は突出していても、軽いノリの日常曲は大の苦手なんだろうなーと思います。わざとやってるわけでもなさそうですし。


レトロスペクティブ京都(東方文花帖・撮影曲4)
 しんしんと雪の降る、静かな静かな京都の夜。数ある東方曲の中でも「墨染の桜」「妖怪の山」「ハレケ」に並ぶ屈指の和風ミュージックだと思います。本当にちょっと手を加えればすぐ時代劇に使えそう。ただ、私の場合は、その静かな夜の長屋群に、何故か辻斬りが出没するという余計な設定のついたイメージしか浮かばないんですが……なんか辻斬りのテーマっぽくないですか? 私だけですかそうですか。


紅楼~Easten Dream...(東方紅魔郷・スタッフロールのテーマ)
 スタッフロールの曲では一番好きですね(次点は「魂の花」)。大きなひとつの旅が終わり、さあ故郷に帰るぞ、といったシチュエーションにうってつけです(本編とは一切関係ありません)。まぁ私の場合、何故か思い浮かべるのは故郷と言っても中国の砂漠に立つ、崩れかけの塔のイメージなんですが(どうして?)(ていうかそれは何?)。


亡き王女の為のセプテット(東方紅魔郷6面ボス・レミリア・スカーレットのテーマ)
 気品溢れるお嬢様のテーマ。煌びやかにゴシック装飾された薄暗い室内で、まだ幼い悲劇の姫がひとりでヴァイオリンを弾いているような曲です(どういう喩え?)。美しさと華やかさを兼ね備えつつ、同時に暗くて救いのない印象を受けてしまいます。Win版初期の曲なので、この私でもわかるくらい音質が荒いのが欠点かな。今の音源で作り直したらどうなるんだろう……というわけで、秘封CDへの再収録を切に希望。


もう歌しか聞こえない(東方永夜抄2面ボス・ミスティア・ローレライのテーマ)
 2ボスにしてはびっくりするほど格好良くて、わかりやすく耳馴染みの良い曲。永夜抄をやり始めたばかりの頃は、この曲が一番インパクトが強かったです。程好い感じにパニックを起こしそうなテンションがたまりません。ただ、他の曲に比べて、深みだけはあまり感じませんね。格好良いんだけど、それだけというか。このへんが2ボスの限界なのかもしれませんが。



 ……っと。ふう、流石にこのへんで止めておきます。やっぱ信者丸出しで好きなものを好きだと叫ぶのは楽しいですね~(笑)。調子に乗りすぎて投票5曲+候補5曲で終わらせるつもりが、なんだかんだで計35曲も語ってしまいましたが。本当はまだ15曲くらいは余裕でいけますが、流石にこれ以上遅れると話題として賞味期限切れになってしまうので今回はここまでということで。あー楽しかったー。

 ちなみに投票の方はとっくに結果発表まで終わっています。私は端から上位なんて狙っていないので順位は別にどうでも良いのですが、霊夢が一位になるのは予想外でしたね。最近になってから以前にも増して特別活躍したという印象もなかったからなぁ……ともあれ、主人公が一位になるのは良いことだと思います。

 なお、今回は予めコメントを用意するなどして投票をかなり早めに済ませたので、投票した項目のうち半分で一番コメントを取得することに成功しました(笑)。まぁ、何の意味もない、だからどうしたという話なんですが、なんだかファン代表になれたみたいな自分勝手な錯覚に浸れて結構心地良いですね。特に激戦区(3位)のネクロファンタジアと一押しキャラの大妖精で先頭を取れたのは嬉しいなあ。
[PR]
by hpsuke | 2008-02-17 23:11 | 東方
[東方] 第5回東方シリーズ人気投票・個人的補足(後編)
 てなわけで続きです。前回はキャラだけで(神主設定をほぼ無視した妄想ばかり)語りすぎてしまったので、今回は比較的あっさり行きたい所存。曲投票はパイの大きさ(好きな曲の多さ)に対して投票枠が少なすぎるので、惜しくも外した5曲もついでに語ります。ではまず実際に投票した5曲から。


音楽部門

ネクロファンタジア(東方妖々夢Phantasmボス・八雲紫のテーマ)
 東方きっての人気曲、私のiPodでも再生回数不動のNo.1。やっぱりこれだけは外せません。ステージ自体は(練習すれば)そこまで難しくはないPhantasmですが、この曲があるからこそあれだけ引き締まるのかもしれません。禍々しくて、恐ろしくて、カリスマたっぷりで、でも勇ましくてノリが良い。まさに最深部に控える隠しボスのテーマに相応しい名曲だと思います。全編サビといわんばかりのテンションで、イントロからがっちり掴んでくれます。普通にちょっとしたゲームの最終決戦のテーマにも使えますよねこれ……。チャリや車に乗りながら聴くとかなりヤバいスピードを併発する、ある意味危険な曲です。弾幕避けながら聴いた時のテンションの上がり方はもはや異常。


おてんば恋娘(東方紅魔郷2面ボス・チルノのテーマ)
 私が東方曲で初めて「おおおッこれはッ!?」と思った曲。とてもじゃないけどSTGのボスの曲には聞こえません(そんなんばっかですけどね)。⑨でお馴染みバカのチルノのテーマという扱いが一般的ですが、私にはあまりチルノの頭の弱いイメージはなく、どちらかというと切なくて悲しい曲だな、という印象が強めです。具体的には落ち葉の舞う秋の石畳の散歩道、という風景にぴったりマッチする気がします(なんのこっちゃ?)。

 あと、この曲はアレンジすると異様に映えるのも良いですね。美しいメロディラインを持っている割には、その良さを原作で十分にカバーできているとは言いきれないので、少し気を利かせたアレンジでは本来の魅力が発掘されるのではないかと思います。紅魔郷の曲はどれもそうですが、これは特に。


天空の花の都(東方妖々夢4面「雲の上の桜花結界」テーマ)
 最初はイマイチでしたが、聴けば聴くほど好きになり、今ではすっかり虜になってしまった曲。iPodでは堂々の三位です(笑)。東方の道中曲というとステージ展開とリンクしているのが当たり前ですが、その中でもとりわけストーリー性が強いところがお気に入りなのかも。静けさの中で始まる導入、サビの展開と一緒にステージタイトルが表示され、雲の内部で視界が悪いうちは控えめなテンションで、リリー登場と同時にCメロに突入、戦闘中に雲を突き抜け曲も一気にアップテンポに、そして全ての長い行程をクリアし桜花結界に到達した瞬間にまた静けさが場を支配する。1ループで4分強もある長い曲・ステージですが、それが同時に冥界の遠さも表現しているのだから全く無駄がありません。「ゲームを裏から引き立てる役」であるゲームミュージックとしては、ほぼ完成の域にある代物だと思います。

 ゲームとのシンクロについてばかり書いてしまいましたが、曲単体で見てももちろん大好きですよ? recognize.mさんの「A BEAUTIFUL SKY」もそうですが、大空の広がりを表現するには同じ旋律をミニマルのように繰り返すのが有効なのかもなぁ、とか思ったり思わなかったり。それはともかく、広大で勇ましくて、そして切ない曲です。


妖怪の山~Mysterious Mountain(東方風神録4面ボス・射命丸文のテーマ)
 今回の投票で5枠に入れた唯一の新作曲。風神録の新曲群の中では一番のお気に入りです。和と洋が良い感じに融合した、ある意味とても東方っぽい曲ではないでしょうか。同じく文のテーマである「風神少女」は彼女の能力に準じた爽快感を前面に押し出しているのに対し、こちらは天狗としての威厳や格好良さが良く出ていると思います(文自身に威厳や格好良さがあるかどうかはともかく)。個人的にはサビを聴きながら無双風神に挑むと脳汁がドバドバ溢れてきてヤバすぎです。無双風神自体が少年漫画チックな技で大好きなんですけど。


シンデレラケージ~Kagome-Kagome(東方永夜抄5面「穢き世の美しき檻」テーマ)
 日本の童謡「かごめかごめ」をベースに、オリジナルのメロディを大胆に取り入れた異色の一品。「かごめかごめ」本来のあまりにも特徴的なメロディと、負けじとメインを張るオリジナル部分のトランペットが見事に調和しています。同人音楽愛好者としてアレンジミュージックの類は腐るほど聴いてきていますが、その中でも最高級のひとつですね。ううん、どうしてこんな曲が書けるんだろう……。

 なお、「Cradle」収録のロングバージョンは絶品の一言。じっと聞き入っているとなんだか泣けてきます。キンキンに高音を張る勇ましくもどこか悲しいトランペットの音色が響き渡り、終盤の転調Cメロではあまりにも盛り上がりすぎて、その時のテンション次第では涙腺が決壊寸前まで追い詰められてしまいます。プロのジャズ奏者の方にぜひ一度演奏してほしい曲です。



 そしてここからは惜しくも選に漏れた5曲。


幽雅に咲かせ、墨染の桜~Border of Life(東方妖々夢6面ボス・西行寺幽々子のテーマ)
ボーダーオブライフ(東方妖々夢本編最終局面・???のテーマ)
 「ネクロファンタジア」と並び、東方を代表する名曲として有名な一品。前回は首位扱いで入れましたが、最近はちょっと敬遠気味だったので今回の投票では一旦下ろすことにしました(二曲で一曲扱いなので、流石に2枠も使う余裕がなかったんです)。妖々夢以外のゲームばっかり遊んでるからなぁ……。

 先の「天空の花の都」がゲームミュージックとしてのサポート役を完璧にこなした名裏方であるなら、こちらはゲームのメインキャストとしての仕事を完璧にこなした名出演者。あちらはあくまでステージ演出の補佐でしたが、こちらはむしろ音楽そのものが主役に踊り出るくらいの勢いを感じます(「ジョジョ」で言うところのブチャラティみたいなもん?)。そして他の演出要素とのハーモニーがまた素晴らしい。弾幕そのものや本編のストーリーはもちろん、キャラクター(桜の下で死んだ少女)、設定(決して咲かない西行妖)、バックストーリー(幽々子の悲しい最期)、ゲームの尺(ゲームクリアと同時に最大の演出が来る)、背景(聳え立つ西行妖)、ゲームシステム(ボス弾幕撃破ごとに弾が点アイテムになる)、アイテム(アイテムを桜にした理由)、そしてプレイヤーの意識(絶えず猛弾幕を避けなくてはならないので、嫌が応にも桜弾幕に注目せざるを得ない)、さらにはプレイヤーの操作(ラストは誰もが必ず、最も避けやすい画面下部に移動する)までも全て計算に含み、それら全てがただひとつ「桜は散り際が最も美しい」ということを表現することだけにベクトルを収束させている。特にプレイヤーの操作まで含めて完成する「本当にゲームでしかできない演出」は、私はこれ以外、今のところどんな商業ゲームでもお目にかかったことがありません。


Demystify Feast(東方萃夢想・セミファイナルのテーマ)
 ゲーム内で使われているものを聴いた時はそこまで入れ込まなかったけど、大空魔術収録のものを聴いてから大ハマリした一曲。他のキャラとの戦いでも流れているはずですが、私にとってはほとんどレミリアのテーマその2扱いです。薄暗くて真っ赤な館の中で、ビュンビュン飛び回る最強の吸血鬼と息つく間もない激しい戦闘を繰り広げるイメージがいつも頭の中に広がります。吸血鬼と言っても実際は幼女なあたりがアレですが。「ダレン・シャン」のクレプスリーみたいな格好良いのが良いよう!

 曲としてはアレですね、終始テンションが異様に高くて激しいのも素敵ですが、個人的には半分壊れかけで歪な印象を受けるところも大好きです。それが最も顕著に出ているのが件の大空魔術版2番サビ直前の急転調。あれを聞く度にテンションのタガが外れてどっかに飛んでいってしまいそうになります。狂ってますよ、あれは。


恋色マスタースパーク(東方永夜抄4面Bボス・霧雨魔理沙のテーマ)
 言わずと知れた霧雨魔理沙のテーマ。いかにもな「魔法少女だ!ブッ飛ばすぜぇ!」的な正々堂々とした格好良さがたまらないですね(魔法少女がそういう存在だったかどうかは別にして)。ロック調でガンガン飛ばしながら可愛い音も入っているあたりがまさに魔理沙のイメージそのものです。あと、この曲は魔理沙のカラフルで可愛い弾幕にもぴったりマッチしているので、脳内弾幕再生が止まらなくなるのも重要なポイント。ボムを使わずに最速で倒すと、曲の展開とステージ展開が綺麗に一致するのが相変わらず凄い仕事だなぁ、と。


ネイティブフェイス(東方風神録Extraボス・洩矢諏訪子のテーマ)
 風神録で二番目に好きなのはこれかな。ネイティブフェイス=土着信仰=神様との遊び、という神主の信仰観が良く出た名曲です。激しくも楽しく、真剣でありながら余裕も忘れない。「古戦場」とはまた違った意味で神様のカリスマに溢れています。諏訪子のぴょんぴょんした楽しげなノリ、本編では浮いてしまう一種独特の異世界感が実に良く出ていると思います。これ、ピアノで完璧に弾ける人がいたら最高に格好良いだろうなー(ニコニコの生演奏動画は見ましたが、流石に完璧ではありませんでしたからね)。



 ああ5曲追加程度じゃ全然足りん! もう5曲行くぜ!


春色小径~Colorful Path(東方花映塚・博麗霊夢のテーマ)
 地味であまり語られることのない曲ですが、花映塚の曲の中では一番好き。春は春といっても華やかさに溢れた美しい季節のイメージではなく、どちらかというと「フラワリングナイト」のように、今まさに現在進行形で開花しようとしている花々を早回しで見ているような不思議なイメージの曲です。序盤の大人しさが後半になって一気に花開くところはかなりのカタルシスを味わえます。残念ながらそこまで行く頃には、戦闘がかなり激化してゆっくり曲を聴いていられないんですが……。


Reincarnation(東方夢時空・魅魔のテーマ)
 神主自身もお気に入りなのか、ゲームで使用後、サイトでMIDI版とMP3版を両方公開し、さらに音楽CDにも二度(蓬莱人形と幺樂団4)収録されたという露出の多い曲。その中でも蓬莱人形版と幺樂団版でどちらを推すか迷いましたが、今回は幺樂団収録の原曲に近いバージョンを一押しということで。この曲はメロディラインの格好良さで言ったら東方でも随一だと思います。他のがガンガンテンションを上げてゆく系統なのに対して、これはあくまで渋くキメている、というか。輪廻転生なだけあって年季を積んだ大人の魅力がある曲です。


神々が恋した幻想郷(東方風神録3面・「瑕疵無き要塞」テーマ)
 風神録体験版時点ではたぶん一番人気だった曲。いつもの通りのトランペットとピアノ、明るすぎず暗すぎずの絶妙のバランスを保った、これぞZUN節!としか言えない名曲ですね。落葉舞い散る秋の谷川という美しいステージ背景と、その上で展開される激しい弾幕の両方を曲でも同時に表現できているのが恐ろしいです(笑)。ただ、「幽雅に咲かせ、墨染の桜」もそうですが、あまりに原曲にパワーがありすぎるせいでかえってアレンジしづらそうな気がします。「おてんば恋娘」とは逆に、すでに原曲の時点でかなり完成されているので、ちょっと弄ったくらいではアレンジ負けしてしまいそう。ちなみに一番好きなのは最初のピアノのサビと、その直後に視界がさーっと開けるところ。


懐かしき東方の血~Old World(東方永夜抄3面「歴史喰いの懐郷」テーマ)
 一言で言うなら、ものすごく懐かしい曲(笑)。何がどう懐かしいのかは全然わかりませんが、聴いているとなんだか無性に安心する曲です。特に何か私の昔馴染んだ曲に似ているというわけではないはずなんですが……不思議だ。この曲もまた、ステージ展開とのシンクロが心地良い素敵なゲームミュージックです。サビと同時に慧音の使い魔を潰しまくる様子を半ば反射的に連想してしまいます。妖夢単体だと楽なんですけどねぇ。


ラクトガール~少女密室(東方紅魔郷4面ボス・パチュリー・ノーレッジのテーマ)
 図書館の奥に人知れず潜む強大な魔女と、日の当たらない場所で壮絶な魔法決戦を始める……というシチュエーションをそのまま形にしたような曲。それでいて魔女の孤独や拒絶、淋しさも同時に感じるあたり、そんな曲を書いてしまう神主は本当に化け物だと思います。パチュリーというとこれ以外のテーマ曲はもう考えられないからなぁ。なお、私は卯酉東海道のロングバージョンよりも紅魔郷で使われているバージョンの方が好きです。


 うーん、これでもさっぱり足りない! というわけで↓にまだまだ続きます!
[PR]
by hpsuke | 2008-02-17 23:11 | 東方
[東方] 第5回東方シリーズ人気投票・個人的補足(前編)
 このサイトの主要なお客さんにはきっとほとんど関係のないことですが、先日から第5回東方シリーズ人気投票が開催されています。当然私も開始直後に入れてきましたが、キャラ部門5人はともかく音楽部門5曲制限はあまりに足りない! いっそシリーズ全体ではなく作品ごとに5曲ずつくらいは入れたいくらいだ! コメントも全然喋り足りんわ!! というわけで、投票したキャラと曲について、ちょっと補足でいろいろ語ってみようと思います。補足ついでに惜しくも投票しなかった候補曲5曲も一緒に語るぜ!


キャラ部門

大妖精(東方紅魔郷、一押し)
 えーと、昔もどっかで書きましたが、東方キャラで私が一番好きなのは彼女です。セリフなし、スペルカードなし、立ち絵も存在感も今後の出番も、そもそも名前すらなしとくれば私の趣味的に彼女以外にありえないでしょう!!(東方を良く知らない方のために説明すると、大妖精はジョジョでいうところのストレイツォにさらわれたねーちゃんみたいな存在です)

 冗談はともかく、どうも私は普通の東方キャラにはあまりお気に入りがいないんですよ。気を抜いたら簡単に妖怪に食われるor人間に退治される幻想郷では仕方のないことではありますが、みんな基本的には自分勝手で我の強い連中ばっかりですからねぇ。そういうキャラが悪いというわけではありませんが、少なくとも私の好みではありません。私の好みはもっとこう、自信なさげで卑屈でオドオd(r

 ま、所詮は二次創作のイメージで神主設定とは違いますが、ファン一人一人が自由に想像してこその幻想郷だと思うので、これはこれで良いだろうと私は思います(好きにして良いって神主も言ってるしね)。原作的にはもう顧みられることもないキャラですし、そもそも空気のような存在ですから、多少設定改変があっても実害は全くないでしょう。そもそもこれだけコロコロ設定の変わる東方で原作設定云々ということを気にするのも少々アレな気がしますし……幻想郷という世界観の本質は(きちんとした設定のある一般的な諸作品とは異なり)自由に想像する・できる余地が残されていることであって、決して上から下まで原作の通りにしなければならない、というわけではないと思うんですよ。まぁ、作り手へのリスペクトと愛があれば、いくら自由でも少なからず原作の設定に近付いてゆくもんなんでしょうけど。ただこういうキャラの場合は、近付けようにも原作の設定自体があってないようなもんなので(笑)。


小悪魔(東方紅魔郷)
 そしてその流れでこちらにも一票。先の大妖精と同じく原作無視の大人しいお姉さんキャラがついてますが、やっぱり先の大妖精と同じく原作的にはいてもいなくても構わないようなキャラなので知ったことかですよ。原作設定に準拠して死を迎えるくらいなら、私は禁忌を犯してでもこの手で生まれ変わらせたい!(?) ま、原作云々についての私の考えは上に書いた通りなので省略。ちなみに東方を知らない方に説明するなら、ジョジョでいうところのポコの姉みたいな存在です。

 ちなみに私は小さい設定よりは大きい設定でお願いします。あと、「としょかんのおと」の歌詞は神ですね。あれで決定的に転びましたね……真のパチュ魔理好きはこういうところまできちんと考えているんだなぁ、と感心した覚えがあります。つまり何が言いたいのかというと、myu314さんはもっと評価されるべきだということです。


西行寺幽々子(東方妖々夢)
 なんだ、あれだけ名無しキャラがどうこう言ってたのに、結局こういう人気キャラにも入れたのかよ……と思われるかもしれませんが、私が票を入れたのは生前の方なので悪しからず。残念ながら投票対象に「生前の幽々子」はなかったので、仕方なく本編の彼女に入れました。

 どんどん強くなる自分の死を操る力に苦悩し、自ら命を絶ったというバックストーリーからは、かなり生真面目な人物である印象を受けます。名家のお嬢様だったということもありますし、常に自分を抑えて生きてきたのだろうということは容易に想像がつきます。何度も言いますが、私はそういう薄幸なキャラこそ大好きなのです(病気)。まぁ彼女の場合は死んで全ての苦悩を忘れることができたので、今は幸せになれて良かったと思います。薄幸属性好きの最大の醍醐味である「慣れない大きな幸福に順応できずうろたえる姿」が堪能できないのは残念ですが。


東風谷早苗(東方風神録)
 唯一まともな東方キャラへの投票……かと思いきや、投票理由は全然まともじゃありません。幻想郷であれだけ好き勝手できる人間なら、現実世界にいた頃はきっと生身で弾幕が撃てる体質を活かして鬼神の如く大活躍しただろうなあ、というひどい妄想が理由です(笑)。中二病患者の妄想するような能力を実際に有した人間だったんですよ! 私なんかいきなり幻想郷に放り込まれても弾幕撃てる気が全くしませんもの! ひどい悪さを繰り返す不良の巣に赴いては「おう姉ちゃん、こんなところに一人で来るとは度胸あるやないk」「秘術『一子相伝の弾幕』!」「うぎゃああああ!!」みたいなことができたんですよ!(注:私は中二病患者です) これは素敵じゃありませんか!

 ……それはともかく、幻想郷に来てからの彼女はきっと幸せなんだろうなーと思うとなんだか心が和みますね。現実世界では現人神と呼ばれて奉り上げられた反面、少なからず孤独も感じていたでしょうし。「しかし 普通の人たちは一生で真に気持ちがかよい合う人がいったい何人いるのだろうか…? 自分は違う。自分にはきっと一生誰ひとりとしてあらわれないだろう。なぜなら この弾幕が撃てる友だちは誰もいないのだから… 撃てない人間と真に気持ちがかようはずがない。」というやつですよ。いや冗談めかして書きましたが、マジで結構な孤独感だったと思うのですよ。自分を特別視することで孤独を誤魔化すこともできますが、彼女の様子を見るにそういうわけでもなかったと思われますしね。


ザコ妖精(各シリーズ)
 そして最後はキングオブ名無し、知名度と登場回数の割には恐らく全30票も望めないであろうザコ妖精のみなさんにプレゼンツ。とはいえ、私が投票したのは通常のザコ妖精というよりは紅Exパチュリー直前、妖4面プリバ直前、永Ex妹紅直前の異常に強くて固いザコ妖精の三名です(紅Exのは正確には「紅魔館のメイド」ですが、妖精であることには変わりないので妖精枠)。

 だって考えてみてくださいよ、相手は門番や魔女、メイド長はおろか屋敷の主までブチのめした百戦錬磨の強者ども。そんな奴が無数の仲間たちをまるで苦にせずゴミのごとく蹴散らしながら飛んでくる。そんなシチュエーションであなたはあれだけ頑張れますか!? そこであそこまで善戦し踏みとどまる彼女たち、何が彼女らをそれほど奮い立たせているのか。その理由を想像しただけでも熱いSSが一本書けそうな勢いじゃありませんか! 仗助が吉良と戦うのとは違い、川尻早人が吉良に挑むのは本物の覚悟と勇気がなければ不可能なんですよ! そういうわけなんですよ!

 いい加減ジョジョネタばかり連発するのもアレなのでやめますが、マジで下手すると生半可なボスのスペルより難しいですからね、彼女らの弾幕は。派手なボス弾幕の陰に隠れて攻略らしい攻略がないから余計に難しく感じます。妖Luna4面のアレは未だに決めボムポイントです。そういう目立たないところの努力も評価して一票。



 語り出すと予想以上に長くなってしまったので、音楽部門はまた別の記事にします。
[PR]
by hpsuke | 2008-02-11 19:06 | 東方
[同人音楽] ここ最近の収穫物~My Memorial Playground

CHAOS

(東方ボーカルアレンジアルバム・SYNC.ART'S

f0128234_22444734.gif
ぱちゅコン! -Defend the library!-
(東方二次創作ゲーム・黄昏フロンティア

f0128234_22444734.gif
SOUND HOLIC MEETS TOHO ~東方的幻想四撃蹴~
(東方アレンジアルバム・SOUND HOLIC

f0128234_22444734.gif
SOUND HOLIC MEETS TOHO ~東方的幻奏小曲集~
(東方アレンジアルバム・SOUND HOLIC

f0128234_22444734.gif
SOUND HOLIC MEETS TOHO ~東方的幽幻奏曲集~
(東方アレンジアルバム・SOUND HOLIC

f0128234_22444734.gif
SOUND HOLIC MEETS TOHO ~東方的幽々舞踏劇~
(東方アレンジアルバム・SOUND HOLIC

f0128234_22444734.gif
SOUND HOLIC MEETS TOHO ~東方的夢天幻奏典~
(東方アレンジアルバム・SOUND HOLIC

f0128234_15121343.gif
彩花~誓い~
(和風ファンタスティックノベル・華子鹿

f0128234_15154945.gif
彩花入門書
(和風ファンタスティックノベル入門書・華子鹿

f0128234_15182952.jpg
As
(ラグナロクオンラインドラマCD&同人誌・Visual Work Station

f0128234_22444734.gif
こどものじかん オリジナルサウンドトラック おんがくのじかん
(TVアニメOST・株式会社ランティス)


 英語のサブタイトルに意味はありません。

 更新停止間に入手したものをばーっと並べてみました。まず先々々週の木曜あたりに「CHAOS」「ぱちゅコン」を入手、先週の金曜にSOUND HOLICさんの一連の作品と「こどものじかん」OSTを入手、その合間に通販や例の嫌な手で「As」「彩花」を入手、といった流れになります。

 「CHAOS」は東方ボーカルアレンジ系を良く聴く身としてぜひ押さえておきたかったので、一個だけ委託開始日が他と大きくズレていましたが頑張って魔窟に潜伏しました。同じく欲しかった「ぱちゅコン」の委託開始日と近かったので助かりましたが。「ぱちゅコン」は少しだけ遊びましたが、思ったより動作が軽い上に意外と奥深いゲームのようで好印象。これから遊び倒す予定です。

 SOUND HOLICさんの5作品は、過去作全再販という願ってもないチャンスが来たので、いっそ買い逃しはここで全部拾っとけ! という勢いでゲット。なんだかんだで異常にレベルの高いサークルですからね……。まとまりが良すぎて逆に物足りない部分はありますが、それでもシリーズ全部揃えるだけの価値があると思います。この時ついでに「こどものじかん」のサントラも上空の魔窟(アニメイト)で購入。地下の魔窟(メロン)や地上の魔窟(とら)に置いてないのは、単に売り切れてただけなのか、それとも扱ってないのかが気になります。できることならポイントのために地下で買いたかったんですけどね。

 「As」は例の嫌な手……ヤフオクで入手。なぜか番外編の「すごいよエレノアさん」だけは持っているのですが、肝心の本編は持ってなかったので。そういえばヤフオクといえばファンなら誰もが欲しがるあの作品が現在出品されてますが、値段が面白すぎるのでいくらなんでも手が出せません。こういうことはあまり言いたくありませんが、あまりにあんまりな価格設定なので一言だけ言わせてもらいます。さっすが転売さんは市場価値を良くご存知ですね!(ドクロ)

 「彩花」はついにWEB通販開始ということで早速注文。通販ページを良く読まずに注文したせいで、便利なぱるる振り替えの開始前日に手数料・送料つきで小為替を購入してしまうというアホっぷりを発揮してしまいました。ところで送付先の住所が、私が小学生の頃住んでいた家の超ご近所さんでびっくりしましたよ(現在もいっそ自分で届けに行った方が早いかというくらい近くですが)。ほら、昔ゴルフの打ちっ放しのすぐそばに住んでたんですよ私! 具体的には併設練習用バンカーのすぐ横に建ってる家!(知らんがな)
[PR]
by hpsuke | 2008-02-11 16:05 | 同人音楽
[雑記] 「みんながいたからこの旅は楽しかった」はけだし青春の名言である
花京院!

イギー!

アヴドゥル!




終わったよ


……


 というわけでようやくHDD整理が終了しました。疲れたー。
 DVD-Rしめて50枚分、約250GBのデータを三週間にわたって整理し、焼き、消し、整理し、焼き、消し、以下繰り返し。ずっとDVDを焼いていたのでゲームもネット巡回もほとんど何もできませんでしたが、今日からはBrand-new新しい私で生きていこうと思います。ごめんなさい、何も変わりません。HDD容量限界の影に怯えずに済むこと以外は。
[PR]
by hpsuke | 2008-02-11 14:09 | 雑記



漫画・東方・同人音楽ブログ
カテゴリ
全体
はじめに
雑記
漫画
東方
同人音楽
ちょっと人気のあった記事
(Easy・Lunatic対象)
(バーコードファイター解説)
(ONE PIECE考察)
(みつどもえ考察)
(絶対可憐チルドレン考察)
(例大祭版対応)
(2009年6月現在)
(超気紛れ更新)


へっぽこ直運営リンク

(漫画感想サイト中心)
(読んだ本の記録)
(最新感想他つぶやき)
(更新凍結中)
(頑張って現役更新中)
(現在約945枚所持)
(ごくまれに増量)
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧