-4th style EB Edition-
[漫画] 週刊少年ジャンプ2010年第16号一言くらい感想
ツイッターで呟いたものの転載です。

ワンピ>これはロジャー世代の全滅もあり得るなぁ…。海軍そのものの壊滅はないと思いますが(コビーの夢が失われてしまうため)、センゴク・ガープの退場が濃厚になってきましたね。すると現在のガープの意志を継ぐ者たるコビーがこのままのされて終わるはずはないんですが…。

ワンピ2>あと、センゴクの能力はこれまでブツブツの実の大仏人間かと思ってましたが、鐘搗きの衝撃能力も使ってるところを見ると、テラテラの実なのかもしれないですね。私が勝手に作った分類によれば、これは類似型の拡大解釈で説明できそうかな。

ナルト>鬼鮫はそろそろ退場しても良い頃なんですけどねー。なかなかしぶとい。あとサクラを巡る処遇は、なんというか、作者の意図するところと読者の受け取り方がものすごく乖離している気がしてなりません。岸本先生としては、決して能無しのヘタレに見せたいわけではないはずですが。

トリコ>腕が吹っ飛び肉がちぎれ、胴体に大穴が開くという半端のないダメージ描写が凄まじいですね。そりゃこれだけの実力者同士が正面からぶつかったらこうなるよなぁ。食の漫画だけに肉体描写にもこだわりがあるということでしょうか。

ぬらり>羽衣狐様はお美しいのですが、彼女を見ると、どーしても憑かれている「人間の女の子」や、彼女を生んだ人間の両親が気になってしまいます。なんとか助けることはできないもんでしょうかねぇ。ここまで融合しちゃってたらもう無理なんでしょうけど…。

バクマン>界隈の反応を見てると「甘えてんじゃねー」みたいな批判的な感想ばかりですが、同じく社会の入り口に立ったばかりの私としては、彼らの気持ちもわからんでもないんですよねぇ。既存のルールを乗り越えるのが少年漫画の務めですが、腕力でどうにもならない世界の場合は大変だ。

ブリーチ>藍染様のアンディとフランクおいしいです。いや、むしろアブの方か。アブ! アブ!

銀魂>これは私の大好物である怒涛の恩返し展開の到来ですか? このシリーズは妙に「勢力」に拘ってますが、それは伏線で、これまでお登勢さんのお世話になったかぶき町の住人達がここぞとばかりに一斉蜂起し、大逆転のかぶき町最大勢力となる展開と見て良いんですね?

黒子>この漫画の能力は絶対能力区分ですが(http://bit.ly/b9wPRv)、他の絶対能力漫画と大きく違うのは、その能力を得る過程らしきものが描かれるところでしょうか。他は理屈抜きに習得しちゃう場合がほとんどですからね。

デビルクラッチ>アイディアの着想から作品完成までの過程における、作者の頭の中の展開がものすごく容易に想像できます(笑)。アイディアを形に整えるのにすごく苦労したんだろうなぁ。頑張りすぎて読み難いのはご愛嬌かな。最初だしそこは問うまい。

四ツ谷>超どうでも良い情報ですが、「頼子」という名前は私のツボネームなので(甘○先生の「満子」みたいなもんです)、漫画の中に出てくるとちょっとドキッとしてしまいます。

いぬまる>妄想親子カフェの女の子が本気で可愛くてびっくり。いつの間にかそういうキャラがちゃんと描けるようになってる…! 『オニデレ』のクリスタルな先生といい、描き続けてると上達するんですねぇ。やったじゃん大石先生(?)。

LOOKON>素直に目覚めるあまり、いっそ『出雲』の紗英くらいはっちゃければ良いと思うよ!

リボーン>「匣は持って行けない」という話の直後に持って帰っているのに笑いました。ユニは結局復活せずかぁ…うーむ。そこは救ってあげてほしかった。

保健室>中二病患者なら「俺の中の憤怒は最凶だ」とか「俺の憂いは線の細い美形設定」とか考えなきゃ嘘ですよね! 私は考えたよ!

べるぜ>「全ての公式試合を1発KOで終わらせている」のに「全国総体2位」だと…!? あ、そうか、自分もチャンピオンに一発KOでのされたってことですか。あと、強いのは間違いなくおばーさんですよ。間違いない。

ハンター>王が完全復活しちゃったのは意外。ていうか、もうこれは誰がどうやっても真っ向勝負じゃ勝ち目がないと思うんですが…。あと、関係ないですが、マスコット化したユピーは『オニデレ』のジャスティス像に似てると思いませんか。関係がなかった。

こち亀>悪気がなかったのなら仕方ないです。しかし、この漫画には普通の子供は出てこないんですか。とてもじゃないが『浦安』の小鉄とかと同じような年齢設定とは思えない。

SKET>理屈で測れない(ルールが感覚的すぎて明文化できない)ものは後天的に身につけるのが大変ですからねー。最初からセンスがプリインストールされてる人にはその苦労がわからないんでしょうけど。それにしても、珍しくKYじゃないデージーにちょっと恋の予感。

SKET2>あと、いのいちに兄の元へと相談に来る椿は内心どんだけ肉親の存在を嬉しがってるんだ。そして様子を見に来るボッスンも内心どんだけ肉親の存在を嬉しがってるんだ。この幸せな双子どもめ!

めだか>鍛え方云々の話で思い出しましたが、私も昔は『ワンピ』のクロコダイルの打たれ強さを見て「物理攻撃無効化特性があるから、能力抜きの素の耐久力は弱いのが普通だよねー」とか思っていた時期がありました。

サイレン>現代で相当派手に暴れまくった割に、未来にはそんなに変化が反映されてない感じですね。それにしてもアゲハのバーストは強いなぁ。的がでかい場合は無敵に近いぞこりゃ。

リリエンタール>登場からたった6コマで読者の心を鷲掴みにする手管が素敵すぎます。なんて完璧なキャラの立て方…!

ジャガー>あれ、妄想の具現化はジャガーが元々持ってる能力でしたっけ。すいません、ど忘れしていたようです。

MVP>『リリエンタール』のカナリーナ様…ですねぇ。流石に羽衣狐様初登場時(1コマで鷲掴み)ほどではありませんが、お手本のようなキャラの描き方だったと思います。
[PR]
by hpsuke | 2010-03-23 00:21 | 漫画
<< [漫画] 週刊少年サンデー20... [漫画] 週刊少年チャンピオン... >>



漫画・東方・同人音楽ブログ
カテゴリ
全体
はじめに
雑記
漫画
東方
同人音楽
ちょっと人気のあった記事
(Easy・Lunatic対象)
(バーコードファイター解説)
(ONE PIECE考察)
(みつどもえ考察)
(絶対可憐チルドレン考察)
(例大祭版対応)
(2009年6月現在)
(超気紛れ更新)


へっぽこ直運営リンク

(漫画感想サイト中心)
(読んだ本の記録)
(最新感想他つぶやき)
(更新凍結中)
(頑張って現役更新中)
(現在約945枚所持)
(ごくまれに増量)
検索
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧