-4th style EB Edition-
[漫画] 週刊少年チャンピオン2010年第15号一言くらい感想
ツイッターで呟いたものの転載です。

星矢ND>いい加減ちゃんと旧作を履修した方が良いのかなぁ。旧作を知らない身としては、どこをどう楽しめば良いのかわからないのです。それどころかこの不定期連載ぶりは一時期の冨樫先生と同類にしか思えません。プロならちゃんと仕事して欲しいなぁ、と呟くのは暴言でしょうか?

ペダル>何故か今泉が勝てるビジョンが見当たらないなぁ…。勝利への執着は繰り返し描写されているはずなのに、それが精神面の強さとして見えない=勝利条件が整ってないからなんでしょうけど。御堂筋を倒さない限りはこのままなんでしょうね。

バチバチ>いくら少年漫画は精神力勝負の漫画だからとはいえ、相手を精神的にビビらせる手段は主に戦闘力の高さですからねぇ。完全敗北を鯉太郎自身が誰より自覚しているのが良いですね。…端から見てると勝手につっかかっていっただけですけど。

星矢LC>こっちもこっちで完全なる精神力勝負。そうかと思えば『バキ』では肉体賛美をやっているチャンピオンですが、飾らない剥き出しの少年漫画マインドをさらけ出しているという点では同じか。最近はそういうのを小奇麗に隠すのが流行ってますからねー。

浦安>あかねちゃんは良い子だなー。

バキ>そろそろ戦っても良いと思うんですが、さしたる理由もなく先延ばししまくってるのはどういう理由なのかな。

みつどもえ>龍太はひとはへの淡い初恋オーラを醸し出しまくりで、見ていて少し切なくなってきます。矢部ひと厨としては、単純にふたりのイチャコラにヘーイヘーイするだけではなく、それによってできる影の部分もしっかり受け止めてあげないと真の矢部ひと厨を名乗れないと思います。

ギャンブルフィッシュ>この勝負が始まってから、全員が適度に読み違いをしでかしているのが興味深いところですね。それだけ実力が伯仲しているってことなんでしょうが、ラスボスのアヴィすら読み違えているのは珍しい。

はみどる>ねこ最強理論の証明がまたひとつ増えましたね。

ナガレ>普通にきつい話で、流石にねこがどうこう言うのがためらわれますね…。先生は到真の過去を知っててあの発言をしたのだとしたら酷も良いとこです。

ナンバ>一瞬猛がアフロのお兄ちゃんに変身したかと思いました。それにしても、『クローズZERO』や『シュガーレス』と同じ雑誌にこの展開が載っているというのは本当に象徴的ですね。『クローバー』はその中間くらいの位置付けかな。

ドカベン>剣は念能力で言えば絶対強化系ですよね。しかもユピーとほぼ同じ能力になると見た。

ケルベロス>覇気使いか!

ANGEL VOICE>六原の窪田監督が一番気になります。彼が選手達の再起を見てどう思うか、何をするかだけで上質のドラマが見られそうな予感。そこまで描かれることはないと思いますが。

シュガーレス>危ない危ない! その体勢でポケットにiPodなんか入れてたら落ちて壊れるよ!

AL>F2はどっかで見た記憶があるなーと思ったら、アレか、『結界師』の限×結界の戦い方にそっくりなんだ…。それにしても、いずれのフォーメーションにせよ、カブは本当に必要なんでしょうか?(笑)

ハンザスカイ>この嫌いっぷりはちょっと常軌を逸しているので、過去に不良がらみで何かがあったんでしょうねぇ。…まぁ、きつい態度の理由に私怨が混ざってるからといって、それはフォローになってないんでしょうけど。

クローバー>『ナンバ』といい、暴力系の青春は大変ですよねぇ。『ZERO』や『シュガーレス』みたいな理想の暴力系青春を賛美するなら、その対として暴力系青春の暗い現実も描かなければいけないのはわかりますが、それを押し付けられる方は本当に大変だ。

イカ娘>先週もそうですが、誤解で話を転がしていく手法が『みつどもえ』に似てきましたね。

クローズZERO>というわけで、今週の『ナンバ』や『クローバー』を見た後だと、これだけの激戦も「暢気にやってんなー」と見えてしまうという罠。

透明人間>何が大事か、どうすべきかが見えた以上、あとは突っ走るのみです。ここまでのタメは少々長かった気がするので、一気に話を動かしてくれることを期待。

風が如く>大きさはBマイナスからCプラスの中間といったところですが、威力は立派なAクラスですね。さすが利家。(やめろ)

フルット>今週の話は実はかなりこの作品(ていうか石黒作品全般)の裏テーマに肉薄しているような気がします。本気を出さず、本気を出せず、何かが先にあるようで、それが何かわからず、どうして良いかもわからない、そんなくすぶった青春が鯨井先輩の姿を通して見えます。

CTC>何回考えても、あえて2番を放送にもってくる「アンパンマンのマーチ」は空気を読みすぎだと言わざるを得ない。しかし、「トンデモ名人戦」はどうもいまひとつ乗り切れないなぁ。「取る」という言葉に囚われすぎていませんか?(他の何を気にしろというんだ)

MVP>チャンピオンの単純な暴力系青春賛歌のツケを払わされている『ナンバ』の剛と『クローバー』のハヤトに今週のMVPをダブル受賞。悪党のチョコボール方式はマジ半端ないっす。
[PR]
by hpsuke | 2010-03-16 23:42 | 漫画
<< [漫画] 週刊少年ジャンプ20... [漫画] 週刊少年サンデー20... >>



漫画・東方・同人音楽ブログ
カテゴリ
全体
はじめに
雑記
漫画
東方
同人音楽
ちょっと人気のあった記事
(Easy・Lunatic対象)
(バーコードファイター解説)
(ONE PIECE考察)
(みつどもえ考察)
(絶対可憐チルドレン考察)
(例大祭版対応)
(2009年6月現在)
(超気紛れ更新)


へっぽこ直運営リンク

(漫画感想サイト中心)
(読んだ本の記録)
(最新感想他つぶやき)
(更新凍結中)
(頑張って現役更新中)
(現在約945枚所持)
(ごくまれに増量)
検索
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧