-4th style EB Edition-
[漫画] チャンピオンは単行本化しない漫画があるので捨てるのが怖い
 休みも終わりが近いということで、部屋と廊下に積もり積もった週刊少年誌の整理を開始しました。ジャンプ・サンデー・マガジン・チャンピオンが、いずれも2008年度40号付近からずっと溜まっていたので……。そんなわけでとりあえず2008年度分のチャンピオンのスクラップ作業を行っていたのですが、昨日の深夜から初めて気が付いたら昼とかどういうことですか。途中から眠くなってはいたのですが、床が散らかっててアレなのでずっとベッドの上で作業してたんですよね。お陰で眠くても片付くまで寝られないとな。

 この十数号でこんなに時間がかかってしまったのは、ひとえに短期集中連載や読み切りの類があまりに多すぎるから。私はいつも表紙とカラーページと読み切りをスクラップしてから縛ってまとめているのですが、この時期のチャンピオンはどうかしてるとしか言いようのない短期集中連載の多さが目立っていました。具体的には、3~6回の短期集中連載が「トンボー」「フジタチバナ」「荒神」「スクール人魚」「金縛っておくれよベイベー」「バーサス」「東京リリカ日記」「バカの王子さま」「ヘラクレススピリッツ」の9作品。読み切りは「ペンギン娘」「鉄のラインバレル」「トラベラー」「モイラ(前・後編)」「埋葬虫(前・後編)」「荒神(二回目、前・後)」で6品です。これだけの作品が38号からわずか15号の間に連載されていたんですから、どんだけ数撃ちゃ当たる作戦なんですか。しかも1号完結読み切りは「ペンギン娘」と「鉄の~」と「トラベラー」のみ。一冊の一漫画枠を1ワクと数えると、実に47ワクも使用、平均すると一冊に三つ以上の短期作品が掲載されていたことになります。しかも今回は単行本化される「ヘレンesp」と、一応本格連載という形になっている「釣り屋ナガレ」はスクラップ対象から除外しているので、それらもカウントするとさらに数値が増えます。

 しかし上に書いた作品のうち現状でチャンピオンに留まっているのは事実上「トンボー」(と「ヘレン」と「ナガレ」)のみ、作家としてまた登場しているのは「金縛って~」の西森先生くらいという有様。なんというか……これがチャンピオンなんですね。ついでにひと通り読み返してはみましたが、別にそこまで酷いのばかりというわけでもなかったけどなあ(読み返してるから時間がかかるんだよ)。
[PR]
by hpsuke | 2009-03-22 12:16 | 漫画
<< [雑記] 「ストライプブルー」... [雑記] こんな大繁盛はジェネ... >>



漫画・東方・同人音楽ブログ
カテゴリ
全体
はじめに
雑記
漫画
東方
同人音楽
ちょっと人気のあった記事
(Easy・Lunatic対象)
(バーコードファイター解説)
(ONE PIECE考察)
(みつどもえ考察)
(絶対可憐チルドレン考察)
(例大祭版対応)
(2009年6月現在)
(超気紛れ更新)


へっぽこ直運営リンク

(漫画感想サイト中心)
(読んだ本の記録)
(最新感想他つぶやき)
(更新凍結中)
(頑張って現役更新中)
(現在約945枚所持)
(ごくまれに増量)
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧